« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

忘年会に龍馬伝

週末はちょっと早いが今年最初の忘年会。 ま、忘年会のリハーサル、か。

フォルクスワーゲンのドラッグ・レース PRAの忘年会と各クラスの年間チャンプの表彰式。
会場は上野の「北の家族」。

店の名前でそんな気はしてたがやっぱり座敷。

本音をいうと、こういう会は立食パーティーにバイキング形式がいいんだが。。
初めての人と会話する機会が多いから。

仲間たちと行って座卓を囲んだら実のところいつも横浜で呑んでるのと何ら変わりないのだ。

僕が幹事だったら席なんざ、ぜんぶシャッフルで来た順にくじひいてもらうけどね。

同じ趣味で集まってるんだし、会話なんかいくらでもあるでしょう。

前に作品取り扱い店でなんどかあったパーティーがそうだった。
2回目3回目はイタリアン貸切のスタンディングだった。
こういうのは仕切りのセンスだなあと。

などといいながら来週、ちょっとしたクリスマス&忘年会の幹事をまかされている。

仕切りと段取りがしょぼいと後味がよろしくない。 さて。

日曜は1月から観続けた「龍馬伝」最終回「龍の魂」。

16:15~BSハイビジョン 20:00~地上波NHK 22:00~BS2
3回も観ちゃったよ。 ヒマではないのに。

「大河ドラマなんかにハマってるのは年とった証拠ですよ」なんていう奴もいたが
そんなのはほっとく。 無視。
自国の近代史がつまんないなんて。

たとえば最近だとほかに
徳川の視点で描いた「篤姫」。 それから「新撰組!」。
ちょっと前だと西郷と大久保利通の「翔ぶが如く」(1990年)。
同じ時代、事件を扱っても描き方が違うんだなあ。
龍馬暗殺のとこだけTSUTAYAでかりてこようかな。

それはそうとその龍馬暗殺、近江屋。
我らがSIONが暗殺者として登場だ。
台詞は最後にひと言「どうします?」だけだったけど、なかなかかっこよかったし。
本人のブログによるとカットされたシーンが多かったらしいから
DVD完全版で観られないものだろうか。

「龍馬伝」は「弥太郎伝」でもあり、演じた香川照之もやっぱり主役だった。

最後の慟哭。「龍馬を返してくれ!」
それから僕的に見どころだったのは、市川亀次郎とのリアル従兄弟奴共演。

龍馬への愛憎にも似た複雑な思いを歌舞伎にも持っているんだろうか、なんて。

エンドロールのSIONの文字が誇らしかったよ。

再来週は今年最後のライブだ。

追記:

11月15日の龍馬の命日が奇しくも誕生日。
これってなんかいいなあ。 俺もこうありたい。
なんていつか思ったりしたもんだが、今日はまだ遠慮したい。

おめでとう、のメールをありがとうございます。

2010年11月28日 (日)

帯留め天使 と 猫

和服あまり着ることのない方には(俺の着ないけど)縁がないアイテムかもしれないが、、

帯のうえから縛る紐「帯留め」というのがありまして、
それに通すアクセサリーを作りました。

Img_1475

Img_1474

ベルトループ状になったとこに通して、留めます。
帯と帯留めのチョイスが肝心だね。
無地でないと銅板の切り絵は見えなくなる。

あと、テーブルのへりとかにぶつけて破損しないか、心配。。

こんど着けた写真撮らせてもらってきます。

2010年11月27日 (土)

「 H な手 」

デザフェスでこんなロゴマークを作ってほしい、というオーダーがあったので、、

Img_1471

TEH HOPP MUSEUM のマークです。

 http://hopp.main.jp

こういうオリジナルはロゴなんかは勝手に作って売るわけはないので、完全受注生産だな。

ところで「H」に手がついている。
これはあれだね。
ついつい魔がさして、わるいことしたときなんかに
「俺が悪いのではなくて俺の意思と反して動いてしまうこのHな手が悪いのだ。この手が!」
という、そういうオチか。 あはは。
 
やっぱ、ちがうか。。

すいません。。

2010年11月26日 (金)

はる時計 とらばさみ3型

先日のデザイン・フェスタでオーダーした腕時計が届いた。

気になっていたんだけど、2回目に見にいったら売れちゃってたんだなあ。

それで「はる時計」の及川君にもうひとつ作ってもらった。

 「 とらばさみ 3型 」

Img_1467

Img_1458

これは通常のベルトと違ってバネで腕をはさむようになっているんですね。

こんなふうにして、

Img_1463

ガポッとはさむ。

Img_1468

袖のうえから、、

Img_1462

手袋のうえから、、

Img_1469_2

つまみのでっぱりが大きくて時計つけたまんまだと上着の着脱が出来ん。。
でっぱりは当たると痛えぞ。 気をつけろ。

それよりも文字盤がでかい! インパクトがあってよろしい。

及川君のブログをみたら
「自分はよく人に『顔がでかい』と言われるので、顔がでかい時計を作ってみた」
みたいなことが書いてあった。
そうだったのか! なるほど。

Img_1459

左の黒ベルトは2年ほど前に買ったもの。

数字が中心点から見た視点になっててそれが気にいってます。
ついでにいうと「はる時計」、他の時計作家さんよりもずいぶん価格が安いのです。

そして、顔がでかい! 見やすくてよろしい。

  http://halwatch.blog33.fc2.com/

10年以上前にひとつめを買ってから
いつのまにやら手作り腕時計のコレクターだ。

だいたい呆れられるので、自慢するようなものではないが、、
そのうち、どーんとまとめてお見せしよう。

 

2010年11月23日 (火)

クリマとクリスマス展

出展のお知らせ

来月12月11日と12日は ポートメッセなごや3号館 での

 クリエイターズマーケット Vol.23 に出展します。

ブースは M-35 です。  http://creatorsmarket.com

「クリマ」ってデザイン・フェスタに比べると規模は半分以下だけど
出展者の作品のクオリティは上だと思います。

20101121_101121_173552

その6日後の18日(土)~25(土)まで横浜の Art Galley 山手 での

 2010 クリスマス展  PART2  に出展します。

http://www.art-g-yamate.com

「PART1」は前の週なのですがクリマと重なるので、
Galleryからオファーがあった時に「PART2なら」ということで参加させてもらいました。

まあ、どうも僕の作るものが「クリスマス」に合うかどうか自信がないけれども、、、

 お時間ありましたら、ぜひ!!

                    

2010年11月16日 (火)

コシェルの前掛け

イベントの時なんかに僕が愛用している前掛け。
これはデザイン・フェスタに毎回出展している「コシェル」から買ったものだ。

20101114_101114_093021

「いらっしゃいま」。

これを友人のH君が欲しいと言うので、先日のデザフェスで直接問い合わせた。
(今回、偶然ブースがすぐ近くだった)

このブランド、以前は下北沢に店舗があったが、そこは閉店して
今は岩手で「コシェル2」として新しいバッグの制作をしているそうだ。

まだ在庫があるということで送ってもらった。

前掛け着用の町田のお茶やさんのH君。

20101115_101115_183909

これで仕事に励んでくれい。

商品到着のメールをコシェルに送ったら返信。

「 ・・・今回ブースが近く、作品を拝見でき、ディスプレイもとっても素敵で
   とても刺激になりました。・・・」

僕よりずっとながく出展して、初めて買ったときからファンの「コシェル」さんに
褒めてもらえるとは、、それは、うれしい。

コシェル  http://www.coshell.net/

               http://coshell.shop-pro.jp/

2010年11月14日 (日)

緑の鈴懸 と  世界バレー

美しが丘の鈴懸並木にまだ緑色の実が落ちてたので拾ってきた。

Img_1452

普通は茶色くなってから秋の終わり頃にぼとぼと落ちてくる。

Img_1453

何度見ても面白い造形です。

それはそうと、女子バレー銅メダル!

あの体格差のあるなか、ひたすら拾って拾ってフルセットの末
アメリカに勝つとは、感動的ですらある。
特に竹下さん、佐野さん、それに井上さん。。

僕は常々、バレーボールはもっともTV映えのするチームスポーツだと思ってるんだけど。
理由は1枚の画面の中に両チーム12人すべての選手を写すことができるから。
サッカーや野球ではこうはいかない。
ルールに詳しくなくても入り込める。
何年たつのか、サーブ権関係なしのラリーポイント制になってから
試合のテンポがよくなったよね。
サーブミスで相手の得点になると「なにやってんだよ!」ってなるが、、

それにしても、民放の中継、、
毎回毎回場違いなタレントとタレント気取りの女子アナはもういらないでしょう。
民放のスポーツイベント中継で芸能人のゲストがいないのって
ゴルフと駅伝くらいじゃないのか。

それと、館内スピーカーで応援を煽るのもどうかと思うなー。
相手チームにあんまり失礼だもの。
マリンスタジアムで千葉ロッテの選手のコールが独特の抑揚つけるのとは違うのだ。
「サブロ~」とか「今江~~」とかやってもスピーカー使って
応援煽らないものね。

そこいらへんの不満は別にしても、昨日の負けを引きづらずによくやった。
ちょっと驚きました。 はい。

昨日でなくて今日、ららぽーと横浜で映画観てたら¥1000だったらしい。
毎月14日は東宝グループのサービスデイなんだと。
なんで14日なのかと考えてたら、、
10(とう)と4(フォー)だったんだなあ。。

2010年11月13日 (土)

「 ふたたび SWING ME AGAIN 」

本日公開の映画です。 「ふたたび swing me again」。

監督は塩屋俊。 
覚えのある名前だなと思ったらずいぶん前に
「アンボンで何が裁かれたか」というオーストラリア映画に出演していた。
新宿の「シネマスクエアとうきゅう」で上映後、塩屋さん本人がいて
感想を直接伝えて、サインと握手をしてもらった。 10年以上前のことだけど。

昨日、運転しながらたまたま聴いていたTOKYOFMで
「ふたたび」の主演の財津一郎がゲストで出ていて、この映画への思いを語っておられた。
それで、今日観にいったわけです。

若い頃にハンセン病を発症して、50年も隔離されていたジャズ・トランペッター(財津)が
孫と昔の仲間を訪ねる旅にでる。 そして50年前の約束のステージへ。

つまり、「ハンセン病」という社会派とジャズ・ロマンという2つの軸があるんですね。

で、実をいうと私は泣いてしまいました。
すごいひさしぶりに。 
ラスト近くの財津さんが息子の陣内孝則に「抱かせてくれないか」のところで。

いい映画です。

ただ今日の初日の「ららぽーと横浜」の客の入りだと
早期に上映が縮小、打ち切りにならないか心配だけどね。
映画館も商売だからそれはそういうものだ。

おそらく、財津一郎の映画主演はこれが最後なんじゃないか。

もし興味をもたれた方はお早めにどうぞ。。

追記:

ライブ・ハウスのオーナー役で渡辺貞夫も出演。
「本物」のプレイも!

「 蛙 」

今回はカエルをたくさん作った。

20101105_101105_234503_2

真ん中のは銅板の切り絵の後ろ足が1本切れてしまったのだが、
捨ててしまうのはもったいないので月と組合わせた。
こういう構図もちょっと絵画的で面白いかな、と。

野毛の「三陽」

昨日、どうにもギョーザが食いたくなり、横浜野毛の「三陽」に。

ここのギョーザは品のいい味ではないが絶品であります。

20101112_101112_175010_2

三陽の知らずにディープな横浜の味を語ってほしくない、とさえ思う。

ホームページはこちら http://homepage3.nifty.com/sanyou34/
開くと同時にマスターの声が流れるのでオフィスでは要注意だ。

ビール1本、ギョーザ2人前、チャーシューメンをおいしくいただきました。

以前マスターに「兄さん、よく来てくれるけど 劇団の人かい?」と声をかけられた。

訊けば、近くにアングラ劇団があってそこの人かと思ったらしい。

それを友人にはなしたら「普通の人に見えなかったんだねぇ」って。 
う~ん、 別に劇団員が悪いというのいうのではないが、、

そういえば、昔は初対面の人に決まってなぜか「純君」呼ばわりされることがあった。
「北の国から」の純くんほどには女性遍歴はないのだ、たぶん。。
まったく残念ながら。。

それにしてもAPECで横浜は厳戒態勢である。
警官も全国各地から2万人規模の動員だと。

それで横浜駅で秋田県警のおまわりさんがばあちゃんに道訊かれて困ってたりして。

まったくごくろうさまであります。

でも、歩道を横に広がって歩いてると迷惑だぞ、薩摩藩見廻り組! もとい鹿児島県警。

2010年11月11日 (木)

 Ammonite

アンモナイト。

定番のモチーフです。 
どうも化石とか骨とかは、銅板やガラスといった素材と合っているようですきです。

20101105_101105_234205

ちょっとわかりにくいかもしれないが、いちばん下は「トリプル・アンモナイト」。
4枚のガラスに3枚の銅板のアンモナイトがはさんであります。
ぶ厚くて、ちょっとだけ重い。

20101105_101105_234239

アンモナイトの螺旋はほんとに綺麗ですね。

電ノコですぱんと割ると、内部に入った砂などが鉱物化してこんなふうになっているそうです。

この形がその太古の恐竜の海を泳いでいたのだと思うと、
掌にのせて不思議な感じだ。

2010年11月10日 (水)

「 蠍 」

先週の金曜日、デザイン・フェスタの前夜に撮った画像があるのでアップしていきます。

20101105_101105_23402500

何年も前に「サソリ」の切り絵をリアルに作りたくて本物の標本を買った。
これはその本物のケースの上に出来上がったばかり作品を置いたもの。

おおいに参考にしたおかげか、デザフェスとかのイベント会場では毎回、
「本物が入っているんですか?」と聞いてくる方がいる。

本物なわけないじゃん。 と思いつつ、褒め言葉としてとっておく。

で、本物はイベントで見つけたり、近所の古本屋の親父に譲ってもらったりでいまでは3体ある。

見れば見るほど迫力があってかっこいいな。 本物は。

20101109_101109_212438

20101109_101109_212344

サソリといえばイタリアのスポーツカーのチューニング・ブランドの
アバルト(Abarth)のエンブレムがサソリでこれもかっこいい。

「小さいけれども毒がある」というのがアバルトにぴったりだと思ったね。

昔、フィアット500の専門店でオリジナルのピンバッジを買ってずっと帽子に
つけていたんだけど、いつのまにかなくなってしまった。。。

2010年11月 9日 (火)

デザイン・フェスタ Vol.32 終了!

先日の6日、7日にVol.32無事終了しました。

ブースにお立ち寄りくださった方、 作品をお買い上げくださった方、
ありがとうございました。
さしいれもありがとう。

今回は出展者の搬入開始時間がいままでの6:00から7:00になったせいか
車の搬入口が大渋滞。。。 事情はあるだろうが元にもどしてほしい。。

20101106_101106_115634

デザイン・フェスタだけの垂直展示。

20101106_101106_115627

ペンダント・トップを180点くらい壁に掛けたけど、
ほんとは300点以上びっしりと埋め尽くして、圧巻の、
それこそ「正気の沙汰じゃない」数の演出のブースを作りたかったのだ。。

そこいらへんは予定どおりにいかなくて残念。
もちろんたくさんあればいいとゆうもんでもないが。
斬新な展示に作品の数量があるからこその、でも派手ではない迫力を作りたい。

次、はまた進化します。 たぶん。。

それはそうと、肝心の売り上げもいまひとつだったんだなあ。 満足はない。

たくさんの人に逢えて楽しかったです、ではもうない。

来月、12月11日、12日に名古屋の「クリエイターズ・マーケット」に出展します。

1年ぶりです。
前回、何人かの人に「また来てくれますか?」と声をかけてもらった。
楽しみです。 
たぶん、きしめん食ってる暇も、ういろう買う暇もないかもしれないが。。。

今日、町田の「匠区 TAC-MIC」に納品した。

20101109_101109_183500

20101109_101109_183509

お近くの方はぜひ。

2010年11月 7日 (日)

DF 32

1日目の昨日、来ていただいた方、作品を購入してくださった方、
ありがとうございました。

でも、昨晩は日本シリーズ! 面白すぎ。

最後まで観て、そして今寝坊しました。。。

では、いってきます。。

2010年11月 4日 (木)

お台場で逢いましょう

明後日はデザイン・フェスタVol.32です。

僕は2002年から年2回、連続で出展しているので
指折り数えて、そのくらいになるらしい。

20101104_101104_220825

先月のアート縁日のあと、110個同時進行で作りました。 あとちょっと。 ふぅ。

ブースは
       A-348  です。

お時間ありましたら、よろしかったらぜひいらしてください。

・・・といってはみたが本音はこうです。

 「 四の五の言ってないで6日、7日に来い! 」

ああ、すいません、すいません。 
ちょっと思いついたんで1度だけ言ってみたかったんですー。

俺は基本、腰が低いのだが、時々頭が高いから駄目なんだな。

「なんかようか?」 「9日、10日」・・・ すいません。 

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ