« パーセルシェルフ | トップページ | LED と リアフード »

2011年5月27日 (金)

奥村由美 テンペラ画展

先日まで作品を置かせてもらっていた
横浜の「Art Gallery 山手」の今週の展示を観にいく。

作家とは面識はなくたまたま手にとったDMに惹かれていった。

0526_001

テンペラ、とは古典絵画の技法で、卵や膠を混ぜたエマルジョン(水性と油性が
混ざった状態)の液体で顔料を溶いて絵の具を作ります。

とは言ってみたものの、僕はやってみたことがないので詳しくはわからない。

この展示の作家、奥秋さんもギャラリーには不在だったので、
話を伺うことはできなかった。

ギャラリーの許可を得て写真を何枚か、、、

0526_010

0526_008

0526_009 

技法書とかでみてみると下地からきっちりと作っていき、
ほぼ計画どおりの手順で進まないと作品は出来あがらないみたいだ。

銅版画を制作するのにも、下絵もあまり描かないいきあたりばったりの
僕には難しそうだな。

このテンペラと油彩を交互に使った混合技法で作品を仕上げる
建石修志さんという画家の僕はファンで、
だから「テンペラ」というとちょっと憧れに近い気持ちがあったりもする。

この奥秋さんの作品は色面で構成された街の風景が印象的だ。

以前より暗い絵は多いのだと、聞いた。
いくつかの作品は額装でちょっと損をしているような気もした。

ギャラリーの小野寺さんと話をしているうちに、朝ドラの話になり
「おひさま」の「育子」役がうまいよねえ、ということで一致。

その満島ひかり主演の「川の底からこんにちは」を超おすすめ。

僕もまた観たくなったのだが、すべて「貸し出し中」だった、、、

« パーセルシェルフ | トップページ | LED と リアフード »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/51777833

この記事へのトラックバック一覧です: 奥村由美 テンペラ画展:

« パーセルシェルフ | トップページ | LED と リアフード »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ