« 雨の "JAPAN'S LI'L HELPER "  | トップページ | 進入禁止 »

2011年5月29日 (日)

「 森と芸術 」 東京都庭園美術館

お台場でVWのイベントの後、、

レインボーブリッジ~芝浦~新橋~六本木を通って目黒の庭園美術館に行った。

やっぱり美術館はロケーションと建物が大事よ。
両方そろってるのが庭園美術館。

ま、建物はもともと美術館として建てられたものではなく、
皇族の住居(旧朝香宮邸~迎賓館)だったわけだから
あまり規模の大きい展示はできないのだろうけれど。

ここは建築自体が美術品だと。

正門から美術館まで~

0529_007

今回の展示は「森と芸術」。 
「森」をテーマに約180点の作品展示。 この美術館にふさわしい内容ではないだろうか。

0529_010

さて、庭園美術館の展覧会といえば「ドレスコード割引」。

そのドレスコードに即したものを身につけていれば、
入場料が¥100割引になるというものだ。
チケット買うときに自己申告するんだけど。。

前回観た「有元利夫展」のときは音符。
有元の絵は「音楽」をテーマにしたものが多いからで、
音符をモチーフにしたアクセサリーや音符柄の服とかで割引。
だから銅の針金で「ト音記号」作りましたよ。

で、ホームページを見たら、今回のお題は「きのこ」!
「きのこ」をモチーフの身につけるものか、髪形が「きのこ」でもいいらしい。
マッシュルームカットとか、、、
だいぶ髪も伸びたので、先日ちょっと考えたけど髪型はやめた。。

しかし知ってしまったからには、割引は取るのだ。

昨日、作りましたよ「きのこ」のアクセサリー。

0529_002

ピンをくくりつけてバッジにしてみた

0529_005

0529_004

帽子に着けて、「きのこのアクセサリーでドレスコード割り、お願いしまーす」。

はい、うけてました。

それはさておき、展示はデューラーのエングレービング「アダムとエヴァ」。
ギュスターブ・ドレのメゾチントと木口木版。
モローのエッチング。
川田喜久治のイタリアの庭園を撮った’60年代のモノクロ写真。
そのあたりが特に見ごたえありました。

それから入り口入ってすぐの、
動物の骨格や剥製、木の実などを整然と棚に並べた東京大学のコレクション!

部屋の中までは入れず、もっと近くで見られないのがちょっと残念。

 展覧会は~7月3日(日)まで。 

« 雨の "JAPAN'S LI'L HELPER "  | トップページ | 進入禁止 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/51802519

この記事へのトラックバック一覧です: 「 森と芸術 」 東京都庭園美術館:

« 雨の "JAPAN'S LI'L HELPER "  | トップページ | 進入禁止 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ