« 松本竣介の絵 | トップページ | 消火器とウィンカー・レンズなど、、 »

2011年7月17日 (日)

「 じつは、わたくしこういうものです 」

今日の1冊 「 じつはわたくしこういうものです 」  クラフト・エヴィング商会

何年か前にネットの古書店で買った本です。
2002年初版だから探せばまだ手にはいるかな。

0717_015

いまは無き雑誌「太陽」に連載されていたものをまとめたもの。
僕はこの雑誌の愛読者だった。

「じつはわたくし~」はちょっと珍しい職業に就いている人々の語りと
ポートレイト写真とで構成されている。

「太陽」連載時に最初に読んだのが「果実勘定士」。

0717_002

そのときは、ずいぶん変わった仕事もあるもんだなあ、などと思っていたんだが、、

そのうち「時間管理人」「選択士」「コルク・レスキュー隊」「月光密売人」、、、
などとでてくるとどうも話が???、、、

そう、じつは、この方達の名前、職業、すべて架空、フィクションでありました。

うっかり、真に受けてしまったではないか、、、!

0717_003

0717_004_2

0717_006

0717_008

0717_007

それぞれのモデルになった方は著者の仕事や生活のなかで身近にいる人達らしい。

「冷水塔守」という頁には見たようなお顔が、、

0717_005

作家の小川洋子さんだった。 連載中に本人が出演を希望したそうだ。
この人面白いなあ。

ちなみに僕は日曜日8:00、TOKYO FM の「メロディアス・ライブラリー」のよく聴く。
小川洋子と進行役のアシスタントが毎週1冊の本について語る番組なんだけど
もう4年も続いているんですね。

小川さんのゆっくりだが、明快で解りやすい話は日曜の朝には良いと思うのだ。


さて、この本の19人の職業で私的にいちばんヒットしたのは、、

「ひらめきランプ交換人」。

0717_001

漫画とかで何かひらめいたときに頭の上にポッと電球が灯るでしょ。
その電球が切れているときにこの人はそれを交換してくれるわけです。

近頃、僕も錆びついた頭からたいしたこと思いつかないのはたぶんバルブが切れているのだ。

交換すればふたたびスパーク!するに違いない、と。

 ああ、スパークしてえ。 

« 松本竣介の絵 | トップページ | 消火器とウィンカー・レンズなど、、 »

」カテゴリの記事

コメント

あら、それは大変!
スパークしなきゃo(^▽^)o

はい。 長寿命のLEDに換えて、スパークします。。 ただ私の場合、ソケットがいかれてるかもしれないが、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/52156294

この記事へのトラックバック一覧です: 「 じつは、わたくしこういうものです 」:

« 松本竣介の絵 | トップページ | 消火器とウィンカー・レンズなど、、 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ