« フェルメール 光の王国 | トップページ | 伊豆高原 ギャラリーぶなの木 »

2012年3月21日 (水)

フェルメール 光の王国展

「 フェルメール 光の王国 展 」  会場 フェルメール・センター銀座  ~2012年7月22日

福岡伸一監修の展覧会、というか期間限定の美術館。 このひとどんだけフェルメール好きなんだろ。

これは観たほうがいいです。

フェルメール全37点の展示。(なかには真偽が分かれるものもありますが)

、、、ただしすべて「リ・クリエイト」つまり「複製」である。

けれども、オリジナルでは絶対にできない全作品を一堂に展示。

それも収蔵美術館と同じ額装で、同じサイズで、そして制作年代順に並べて。

スケール。 ここがポイント。 

画集とか観ると作品の縦横の寸法は載っているけど、あまり気にしていないでしょう。

で、現物を観た時に「この絵は思ってたよりずいぶん小さいんだな」とかっていう経験あると思う。 あるいはその逆も。

また、年代順に展示してあることで作品のテーマや技法の変遷といったこともより解りやすい。

この展覧会は写真撮影できます。 もちろん周囲に迷惑にならなければ。 それとフラッシュの使用はNGです。

で、僕も少し、、

119

これは、ボストンの美術館で1990年に盗難に遭って、いまだ行方不明の「合奏」。

121

「絵画芸術」。

写真は撮ってないけど「手紙を書く女と召使」の部屋も再現されてますね。

スケールはわかった。 あとは死ぬまでにあと何枚観られるかだ。

それにしても福岡伸一先生、どんだけフェルメール好きなんだろ。

 フェルメール・センター銀座 http://www.vermeer-center-ginza.com/

« フェルメール 光の王国 | トップページ | 伊豆高原 ギャラリーぶなの木 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/54267426

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール 光の王国展:

« フェルメール 光の王国 | トップページ | 伊豆高原 ギャラリーぶなの木 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ