« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

こんなものを買った  刑務所の前掛け

11月30日。 今朝メールをくれた人に、ありがとう。 

そのうちの妹は「秋篠宮さまのニュースで思い出しました♪」って、、

「お前、そうでもなきゃ兄貴の誕生日忘れてんのかよ!」とちょっと思ったがまあいいや。

うれしかないけどありがとうございます。

さて、前掛けであります。

2012113006

ずっとこのコシェルの「いらっしゃいま」を制作のときもイベント出展のときも愛用している。

ポケットが大きくて便利なんだが、よく「おもしろい前掛けですね」と声をかけられる。

でも使い込んでだいぶよれよれだ。

先日、この新たな前掛けを函館の赤レンガで見つけて即買いでした。

2012113007

 刑務所の前掛け。 ¥1480 。

2012113004

裏にはこんな紙が、、

2012113005

「矯正協会刑務作業協力事業部」、、、、!?

えっ、じゃあこれ冗談抜きでほんとに「刑務所で作った前掛け」なんですか?

、、なんかすごくいい買い物したような気がする。 made in Chainaの靴下よりもな。

made in Japan  ,  made in Hakodate  ,  made in PRISON (刑務所) だ。

思うになにかというと、すぐに怠けたがる私である。

ここはあれだな。 
てきとーな仕事をすると映画「あなたへ」で高倉健演じる刑務官に指導される受刑者よろしくきちっとしなければ、と。

そう思ったらイベント前とかに毎度バタバタするのも、なんか「罰」のような気がしてきたぞ。

とりあえず「懲役、予定数量完成まで」ということで、ひとつよろしく。

2012年11月29日 (木)

函館 3

ふらふら歩いていたら、帰りの列車の時刻が近くなった。

でもまだ函館朝市で「海鮮丼特上」食ってない!

だから、新青森発東京行きの新幹線の予約を取り消し、2時間後の臨時はやぶさに変更する。

横浜みたいに函館にも赤レンガ倉庫がごろごろあります。

赤レンガの写真ばかりたくさん撮りました。

2012112702

2012112704

2012112705

2012112707

2012112708

2012112706

う~ん、何が面白いんだ、こいつは。。

函館 2

函館元町の八幡坂を登ってふたつめの交差点を右に。

「はこだて工芸舎・元町ハウス」がある。

  http://kogeisya.blueboxcraft.com/

2012112514

2012112512

しばらく見学していると、オーナーらしき女性が話しかけてきたので、

「弘前の『ギャラリー芭蕉』さんに教えてもらって来たんです」と。

話のついでに「今、芭蕉でやってる展示に僕の作品もあるんで後でホームページみてください」
といったら、早速ひらいて、探している。
「これです。このちっこい変なの」と示したら、なんか驚いてます。

聞けば、前からこの作品は知っていたと。
陶芸家のご主人が「芭蕉」で見て気にかけていたのだと。 。

、、いや、あの、、こっちのほうがびっくりなんですけど。

2012112510

2012112511

、、そんなわけで、来月のクリスマスの展示に作品を出してほしい、と言ってくれた。

でも「時間もなく、ほかにも展示の準備があるので、たくさんは出せません」が。

了承してもらったので、ちょっとだけおまけ程度に出します。

せっかくなので。 いやせっかくだから青森ー函館往復くらいは回収したいなあ。とか。

はからずも蝦夷地上陸だなあ、とか。


、、この話にはまだ続きがあって、今日確認の電話をしたら
最初「18日から」といっていた日程は間違いで実は「12月7日からの展示」です、と。

はい?そんなのこないだ聞いてない!!、、、 無理だって、在庫ないんだから。

そのあと電話口で彼女がいった言葉がもうわけわかんない、、

「遅くなってもかまいませんので、早めにおねがいします!」

 、、、どっちや?!

2012年11月27日 (火)

函館 1

予定になかったけど、弘前のギャラリー芭蕉の大平陽子さんに勧められて、短時間だが函館に行ってきた。

とは言うものの、ひとりだと予定などあってないようなものだけど、
当初は弘前から大館、花輪線に乗って盛岡へ、と思っていた。
母方の祖父母が大館の出身なので、何もないけどちょっと寄ってみるかと思っていたんだが、
逆方向にいってしまう。

弘前から青森までが約45分。¥650。

青森駅でみどりの窓口へ。

 「函館まで往復するのにお得な切符まだありますか?
 、、ある?、ではそれと、帰りはそのまま新青森から新幹線で東京まで帰るので、
 東京区内までの乗車券と特急券も。
 全部でいかほどになるでしょうか?
  、、¥22690! ちょっと安くなりますね。 、、、でも無いのでカードでおねがいします~」

ということで、津軽海峡線に。 途中、海底潜って約2時間。 

2012112508

はるばる来ました。 はこだて~。

路面電車に乗った。

2012112509

末広町電停で降りて、八幡坂をのぼる。

2012112701

この辺は坂道と洋館が多くて、横浜の山手に似ているね。

ずーっと登っていくと函館山の展望台までいけるみたいです。

2012年11月26日 (月)

朝の青森駅、津軽海峡

11月25日、晴れ。

津軽海峡線に乗り換える40分ほどの間、下北半島と津軽海峡をながめつつ、、、

これは、いい写真だな~。 ギリシャ映画の「永遠と一日」の冒頭のシーンみたいだ。

2012112502

誰もいってくんなきゃ、自画自賛しちゃいますよ。

2012112501

ベンチ。

2012112503

俺の影。

2012112504

これが、なんの建物だかわかんないけど、垂直の鉄板の使い方が面白いので1枚。

2012112506

2012112505

2012年11月25日 (日)

ギャラリー芭蕉

県立美術館から青森駅に戻り、奥羽本線で弘前へ。

今回の旅の目的地「ギャラリー芭蕉」です。

  http://bashow.jp/

B3

ここで来月11日までの「クリスマス展」に僕もちょこっと出展しています。

B2

ギャラリーの大平(おおだいら)陽子さんと。

B4

なに後ずさりしてんだよ、と思ったら、 背が高いのを気にしているらしい。

聞けば「和田アキ子」とか「大林素子」とか言われ不遇の少女、青春時代を送ったらしい。

って気にするほどでもないじゃん。 俺より1cm高いけど。

B5

お母様と愛犬「チャゲ」。

B7

  どうもありがとうございました。

追記: この画像は芭蕉のブログから。

20121124_2825173_2

この日のお客さまが、あの「イカロスの墜落」をご購入。 

真ん中のやつ、、まじですか、、?

2012111001

制作者のコメント、、、、

、、とりあえず受験生のプレゼントにはしないほうがよろしいかと思います。。。

青森県立美術館

青森駅から市営バスで約20分。

県立美術館にやってきた。

___2

現在、青森県弘前市出身の美術家、奈良美智の作品展を開催中。

念のため、ご存知ないかたのために、、「美智」と書いて「よしとも」と読む。

1959年生まれの男性である。 でも名前の由来は皇后陛下かららしいです。

2012112507

中庭の撮影可の「あおもりけん」の前でとりあえず1枚。

___4_2

___5_2

この美術館は常設コレクションと、美術館の建築自体がすばらしい。

これについては、後日追記します。

青森!

昨晩は原宿で空冷ワーゲンのパーティーのあと、、、

新宿から高速バスで10時間、約760㎞。

___4

青森にやってきた。

雪です。 ななめに横に降ってます。

___1_2

このあと県立美術館へ

2012年11月23日 (金)

林檎

リンゴ、です

Image_4

パソコン屋とは関係ないです。

青森、弘前の名産のリンゴ。

これを納品にこれから弘前に行ってきます

___1

DRAG IN 2nd  仙台の虹

もう3週間も経つんですが、、

11月4日(日)仙台ハイランドでの空冷ワーゲンのドラッグレースに参戦してきました。

デザインフェスタの1週間前だったので、なにやってんだかなーと思いつつも。

でも11月という季節がちょっといいな、いつも暑い季節だしな、そう思い参加は即決。 仙台へ。

2012110402

2012110408

2012110407

ま、たかだか400m(今回はハーフの200mだが)の直線競争で、いい大人が

勝ったの負けたの、タイムがコンマ何秒速くなったの、ほぼ申告タイムどおりだっただの、リアクション(反応速度)が速かっただの、
それから、ひたすら軽量化にタイヤも替えの、マフラーも替えの、そんなことのために仙台くんだりまで。。

興味ない方には「バカじゃねえの」って思いますよねぇ。 ええ、僕もそう思います。

そんな、バカとしか、アホとしかいいようのないものに私は狂っている。
、、いやお金がかかりすぎるのはちょっと困るので、できる範囲でだが。。

2012110404

俺も4回目くらいの参戦だから、いつまでも「初心者です、よろしくおねがいしまーす」なんて顔してられねえんだよ、と
気合いれてたんですが、結果は早々と予選落ちでした。。。

11月4日、この日は朝のミーティング時から、虹!

2012110410

そのあとも3回くらい出現してましたね

2012110406

なぜ、虹という字な「虫へん」なのか? 気になったことがありますか。

あるときふと疑問に思い調べた。 だいたいこんな感じらしい。

むかしの中国では虹は龍が作り出すもの、あるいは化身だと考えられていた。
そして龍は蛇から成ったもの。もしくは蛇は龍の仮の姿。

空に焦がれた蛇が龍になって、大きな虹を架ける。

「虫偏」は昆虫の虫ではなく「蛇」かららしい。

ちなみに昆虫の虫は昔は「蟲」の字だったそうです。 ナウシカの「王蟲」、だな。

今日は18:30から原宿でワーゲン乗りのパーティーだ。 よろしくです。

2012年11月22日 (木)

デザインフェスタVol.37 エントリー、、、、

2013年5月18,19日に東京ビッグサイトで開催される「デザインフェスタVol.37」の
出展申し込みの受け付けが先日の土曜日に始まった。

初日17日の受け付けは1ウェブサイトのみで12時から。

、、デザフェスは他のアートイベントと違って、写真選考とか抽選とかがなく先着順です。

とりあえず申し込んで、代金さえ振り込めばブースは確保されるわけで、、
極端な話、現時点でなーんにも作ったことがなくても申し込める。

だから初日は毎回アクセスは殺到するぞ、と。

しかも今回はデザインフェスタVol.36の会期前、会期中の受け付けはなく、
昨日の正午にいっせいに突っ込んで、はい、「鯖落ち」。
なんとまだ復旧していない。 

僕はというと昨晩FAXでの申込み用紙送信を試みるも、こちらも回線がパンク状態でなかなかつながらず。

10数回めのリダイアルでようやく送信できた。

しかし、デザフェスの手続きは入金まですべて済ませて、ブースが正式に確保できるので翌日曜に原宿のオフィスに払いにいく。

、、、はたして長蛇の列。 1時間ほど並んでようやく3階のオフィスにたどりつく。

文句のひとつもいってやりたいとこだろうけど、スタッフのみなさんも受け付け事務処理やら、電話応対やらで、
今日から大変なんである。 そこは申し込みにきたみなさんも今日のところは飲み込んでおく。

そうこうしているうちに月曜日、19日。 
デザフェス・オフィスからのお詫びとお知らせメール。

内容は今回のサーバーダウンに対するお詫び、それから19日の22時をもっていったん募集を締め切るという異例の事態に。

ただ、ブースはまだ5割近くの空きがあるそうで、「2次募集」を来年1月中旬に予定しているそうです。

まあ、出展するか迷っていたひとには、検討する時間ができたと思えばいいかもしんない。

、、、ところでVol.37の僕のIDナンバーは370115だった。

はたして「連続23回真ん中より端っこブース」はとれるのか!?

、、わかんないひとにはどうでもいいことだが。

とりあえず4階にはならずにすむかな、と。

あのフロアーはレストランブースがあるので、あの混然としたエスニックな食い物のにおいがかなわん。
ずっといると、服や身体や商品についてしまいそうな気がするぞ。

そういうことで「1階」でおねがいします。 ほんとに。

話はかわるが、食べ物のにおいといえば某コンビニの「チーズナゲット」。
あの、新商品が最近消えたのはやっぱり苦情が多かったのだろうか?

あの、チーズが焦げたような、揚げたようなにおい。。

俺は最初嗅いだとき、酔っ払いのばかな客が店内でゲ●吐いたのか、と思ったほどでした。

あの商品が幾田の試食をくぐり抜けて、店頭にあったのがいまだに不思議だ。。。

さて、またあと半年!

2012年11月16日 (金)

クリスマス展 (弘前)

しばらく前の土曜日に「久米宏のラジオなんですけど」という番組をたまたま聞いていて、

その番組内で3年くらいかけて日本の47都道府県をすべて訪れたという人が電話出演していた。

このばあい、ただ足を踏み入れたということでなく、少なくとも1泊はしているみたいだ。

そして、久米さんの「もしずっと暮らすとしたらどこの県がいいですか?」

というような質問にその方は、すこし考えて「青森県かな」と答えた。

、、なぜ青森だったんだかその先はよく覚えてないが、なにしろ青森。

で、弘前であります。 ひろまえと書いて、ひろさき。

   昨日DM届きました。

2012111602

ちょっとはやいけど、クリスマスのオリジナルクラフト・ギフト展。

弘前の「ギャラリー芭蕉」では3月にも展示をしてもらいました。 

落ち着いた雰囲気の素敵なギャラリーです、、、まだ行ったことないけど。。

2012111601

クリスマスに似つかわしいものがあまりけど、とりあえず「天使」の画像を何枚か送ったらDMに使ってくれて、そりゃちょっとうれしい。

お近くの方が当ブログを見てくれているかどうかは知らないが、、どうぞよろしく!

  Gallery芭蕉   http://www.bashow.jp

2012年11月15日 (木)

こんなものを買った 篆刻のハンコ

また、ハンコが増えた、、、

2012111301

先日のデザイン・フェスタで彫ってもらいました。

12㎜角の石に漢字なら一文字、ひらがななら四文字までで、イベント価格¥1500。 安い。

「世界最速! 30秒で出来ます!」とあったが、およそ50秒でした。。

ま、そんなことは別にいいのだ。

目の前で彫ってくれるので、その無駄のない作業は勉強になりました。

年賀状とかに活躍しそうだな。

 かまくら 篆助 雨人  http://ujin.info

 

こんなものを買った 「俺宇宙 Tシャツ」

先日のデザイン・フェスタ7Vol.36でお買い物。

またしてもおバカなTシャツ。

 「戦うTシャツ屋 伊藤製作」 の 「俺宇宙」。

  俺が宇宙

  俺が宇宙の中心

  俺の周りを星が宇宙が廻っている

そんな「俺」を図案化したフロント。

2012111302

そしてバックにはそんな「俺」を戒めるかのように「過信」の文字が。。

2012111303

、、が、伊藤製作所のサイトの商品説明をみたらむしろ真逆の意味だった。

    自分で自分を信じてあげなくてどうする!?

    自分が自分の一番の味方でなくてどうする!?

これは僕が常日頃から思っていることほぼそのまんまだったので、感動しました。

伊藤さん、ありがとう。

 伊藤製作所  http://www.ito51.net/

「宇宙の中心で俺が叫ぶ」。

デザイン・フェスタ終了

デザイン・フェスタVol.36終了しました。

今回で22回目の出展でした。

ほとんど写真を撮ってないや。 
これは、1日目AM7:00。 ブース設営中。

2012111304



2012111305 

2日目。

2012111306

いくつかの店舗に納品とかかさなったりして、以前ほど作品点数が多くないです。

ほんとは壁をびっしり埋めつくしたかったのでちょっと満足ではない。

それでも、お買い上げくださった方々、ありがとうございました。

詩人のカワグチさん差し入れの洋酒ケーキをありがとうです。

(義理の)妹に横浜ルミネに最近出来た「Mr.ワッフル」をリクエストしたら、どーんと2箱も!

近くのブースにおすそ分けしまくりだ。

それにしても、、毎度のことながらブースのディスプレイや作品を無断で撮影する人はいるなあ。

こういうイベントではそのブースの出展者の許可を得ないかぎり、写真や動画の撮影をしてはいけませんよ。

あたりまえです。

出展者は皆、安くない出店料を払って、(そうでない人もいるかもしんないが)
アイデアを絞って、時間と労力とお金を使ってブースを設営して、
(ぜんぜんそんなつもりでない人もいるかもしんないが)自分のいろんなものを懸けてつくった作品を売るために出展しているんだから、当然です。

あんまり、でかでかと表示するのも性に合わないのだが、不届きものに個別に注意するのも疲れるな。

作品に興味を持ってくれるのは、悪い気はしないが、、

「俺の目の前で勝手なことするんじゃねえよ!」って話です。

あと、カードとかDMとか黙ってもってくのもどうかと思うんだよねぇ。

俺だったら「ご自由にお持ちください」って表示してあっても、
「いちまい頂きます」と声をかけていくけどね。
だって、タダでもらえるものでも、タダでつくってるわけじゃないでしょう。
自分でつくっても紙代もインク代もかかるし、、ちょっとせこいか。 いやいや。

そんなこんなでマナーをしらないバカもいるから疲れるな。

次回出展は今度の土曜17日から受け付けらしいです。

なので、出展はまだ未定であります。

年内はあとふたつグループ展に出展します。 

どちらも「クリスマス展」です。 

2012年11月10日 (土)

 イカロス

「イカロスの墜落」。 ギリシア神話のエピソードのひとつです。

物語を大雑把に話すと、父親の名工ダイタロスと塔に幽閉されていた若者イカロスは
集めた鳥の羽を蝋でかためて翼をつくり、羽ばたいて空を飛び脱出する。
しかし、父の忠告も聞かずに高くとび、太陽に近づきすぎ、
熱で翼の蝋がとけてまっさかさまに海に落ちてしまう、、、 こんな話だったか。

翼で飛ぶにはどんだけ肩の筋肉いるんだよ、 とか
高度が上がると、気温は下がるんだろ、とか、 まあつっこみどころは多々ありますが。

原典では「親の話は聞くものだ」とか、どうでもいいようなオチらしい。

イカロスの翼はむしろ「若さゆえの冒険心」とか「失敗や破滅すらもおそれない勇気」とかの象徴としてやや賛美された意味になったりもしてるみたいだ。

原典はただのお調子者的は扱いだが、、

絵画や彫刻の題材にもなってますね。

僕が好きなのはブリューゲルの「イカロスの墜落の風景」。

いっけん、海辺の営みの穏やかな風景画なのだが、
よーくみると右下の海から2本の「足」が突き出ている。
どうやらそれが墜落したイカロスらしいという、可笑しな絵だ。

「認めたくないものだな、若さゆえの過ちというものを」

 これはシャア・アズナブルの名台詞。  

前置きがながくなった。

で、いまつくりました。

 「 イカロス 」 

2012111001

というか、こんな縁起の悪いもん買うひといるのか。

 誰かいらんかね。 イカロスの失墜。

明日、ではなくてもう今日だ。 

 デザイン・フェスタVol.36にもっていきます。

2012年11月 8日 (木)

DM

あさってから「デザイン・フェスタVol.36」です。

出展者のみなさんはもう準備万端なのでしょうか?

あるいはもう作品も発送してたり。。

こちらは、まだまだ絶賛制作中です(泣)。

今週になって、ようやくDMを作って、とりあえず常連さんには送りました。

もう着いてるかな。

2012110801

あと50枚ほどありますね。

欲しい方は、当日 G-345 ブースまで取りに来るよーに。 

G-345。 、、、覚えやすいな!

2012年11月 3日 (土)

 ボレロ

モーリス・ラヴェル(1875~1937)の「ボレロ」。

最近、毎日この曲を聴いてます。 

Photo

およそ14分おんなじフレーズの繰り返しなんだけど、なんかこう沸々と力が湧いてくるような感じです。

音楽の力、か。 それとも俺が単純なだけか。

 「小太鼓が4056回叩かれるあいだに、この世は塗り替えられてゆく、、、」

このCDは2011年9月の録音らしいので、たぶんこの曲のいちばん新しい音源か。

そういえば映画「愛のむきだし」にも使われてたような。。

4時間(!)の上映時間の中ほどで。

この映画で「満嶋ひかり」という女優を認識したのでした。

さて、話は変わるがボレロの太鼓をエンジン音にのせて

今日は仙台に向かいます! 詳細はまた。

2012102809

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ