«  2013 年賀状 | トップページ | 今日と昨日の富士山 »

2013年1月 5日 (土)

 「 ブラック・ジャック大解剖 」

ファン必須の解説本「ブラック・ジャック大解剖」。

、、、もう40周年なんですねえ。

2012121804

手塚作品でもっとも有名で広く読まれているのが「ブラック・ジャック」だと
勝手に思っているけど、どうだろうか。

有名作だと「鉄腕アトム」かもしれないけど、原作読んでる人ってそんなにいない気がします。

スケールの大きさでいうと「火の鳥」「きりひと賛歌」「アドルフに告ぐ」、、
それから未完の絶筆「ネオ・ファウスト」とか名作がありますが、、。

「ブラック・ジャック」はその昔「週刊少年チャンピオン」連載時から読んでたから、
ちょっと特別な作品であります。

、、当時の「チャンピオン」は「ブラック・ジャック」と「ドカベン」、「がきデカ」なんかも連載してたから
まさに黄金時代だった。
若い人は「がきデカ」なんて知らないかな。

ちなみに手塚治虫は同時期に「少年マガジン」に「三つ目がとおる」も描いていたのだから驚きだ。

この「BJ大解剖」は手塚真と手塚プロダクションが監修しているだけに濃い内容です。

、、例えば、10年にわたる連載終了に至った事情とか。

当時は医療関係者からの「でたらめを描くな」的なクレームも多かったらしい。

けど漫画のなかでブラック・ジャックがやってた移殖治療とかも、
ようやく現実が手塚作品に追いついたという気がする。

ほとんどのキャラクターのデータに「手術全記録」「高額報酬ベスト5」「不治の病・手遅れリスト」、、、

本のなかほどに「ブラック・ジャックの名言BEST 77」がある。

 真理・含蓄・苦悩・信念、etc、、の名台詞。

いま、手元に原作漫画を揃えてなくてもそのシーンとストーリーが浮かんでくるほどに。

 「大切なことはみんな朝ドラに教わった」という本を書いた人がいたけど(読んでない)、、 

  僕ならこうです。

 
   「 大切なことはみんなブラック・ジャックに教わった 」 

付記、、

細野不二彦の「ギャラリーフェイク」は初めて読んだときから、
「これはブラック・ジャックのオマージュだ」と思っているけどどうか。
主人公がどちらもその業界ではアウトローであること。
助手の女性が働きはいいが、適度に世間知らずで天然だったりとか、で。
 

«  2013 年賀状 | トップページ | 今日と昨日の富士山 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

お正月からブラックジャックとは!
大ファンです。コミック全巻 持っています。
ブラックジャックの師匠の本間先生の
セリフで心に残るものがありました。
正確に書けないので・・・確認しておこっと!
ピノコになってブラックジャックと暮らしたいくらい惚れていますよ。

コメントありがとうございます。
本間先生の最期の名台詞、、
「どんな医学だって生命の不思議さには、かなわん、、、
人間が生き物の生き死にを自由にしようなんて、おこがましいとは思わんかね、、」でしたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/56475746

この記事へのトラックバック一覧です:  「 ブラック・ジャック大解剖 」:

«  2013 年賀状 | トップページ | 今日と昨日の富士山 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ