« 「寺田克也ココ10年」 | トップページ | 出展のお知らせ 横浜山手、葉山芸術祭 »

2013年4月28日 (日)

日曜美術館 伊藤若冲と江戸絵画

NHKのEテレ(この名称はどうにも好きになれん、教育テレビのままでいいじゃないか)
の日曜美術館の司会がこの4月から、俳優の井浦新(旧芸名ARATA)と
NHKの伊東アナウンサーにかわった。

「ARATA」の頃から僕は一目置いていて、NHK土曜ドラマの「リミット」の時みたいな
「知能は高いけど心に屈折した闇を抱えている、冷徹な犯罪者」の役なんかやらせたら
ちょっと右に出る人はいないよなあ。

この井浦新さん、実はとても美術に造詣が深く、自分なりの見識をもっていて
いいキャスティングだと思う。

日曜美術館、先週21日は「東北に届け生命の美 ~アメリカ人コレクター復興への願い~」

さきにBS日テレの番組で評論家の山田五郎が紹介しているけど、
伊藤若冲をはじめとする江戸絵画のプライス・コレクションが現在~9月までの半年間を
震災被災地の東北3県を巡回中だ。

      特別展 東日本大震災復興支援 

        若冲が来てくれました   http://jakuchu.exhn.jp/about.html

           3月1日~5月6日     仙台市博物館
           5月18日~7月15日   岩手県立美術館
           7月27日~9月23日   福島県立美術館

国宝級の日本美術の多くが海外、主にアメリカに流失してしまっているのは、残念な気持も正直あるけれど、今回のこの展覧会にはコレクターのジョー・プライス氏に感謝するべきだろうね。

この展覧会は宮城、岩手、福島の東北3県のみの巡回展。

期間中多くの人が県外から足を運ぶだろう。
美術館に行くだけじゃなく、宿泊もするだろうし、土産物も買うだろうし。
プライスさんは彼にしかできないやり方で、
実現するまでに2年かけて、復興支援をしているのだ。

番組は井浦新、伊東アナウンサーの両司会とジョー・プライス本人との対話から始まり
会場内の作品を紹介していく。
井浦新の独自の見かたには、プライスさんも感心している。

、、ああでも、どうにも気になることが、、
、それは井浦さんの服の着こなしが。 。
髪をきちんと整えて、ブルーのジャケットに同色のパンツに、
水色っぽいシャツのボタンを、上まで留めて、、 
そしてその後ろ姿のジャケットの裾から、シャツの曲線がびろーんとはみ出している。。
う~ん、なんかそれが目についてしまう、目障りなのだよ。
、、ふだんだいたいだらしない恰好している私が言うのもなんですが。 。
スタイリストはあれでいいと思ったんだろうか。
その場にいたスタッフさんとかで「アラタさん、ここはシャツはインでしょう」とか意見する人はいなかったんだろうか、と。
、、こんなこと言ってんの俺くらいですかね。
でもハードディスクに録ってもう4回も観ているんだよう。

 今朝の日曜美術館の「大神社展~秘蔵の神像」でも面白い服着てたな。
 あれはいいです。

放送回のいちばんの見どころは、実際の会場でも見られない照明で
絵を鑑賞するシーン。

江戸当時の暗さを再現、ということで蝋燭の明るさと同じくらいに照明と同じくらいに
照明をおとすと、感嘆の声が!
明るい照明の下では見られないほどに、絵がリアルに立ち上がってくるのだ。

再放送は1週間後の夜8時、つまり今日28日の夜8時なので、都合がつく方はぜひ観ていただきたい。 アラタくんのシャツとともに。

さて、この「若冲が来てくれました」、「鳥獣花木図屏風」をいつどの会場に観に行くか、、

福島だったら、日帰りでも行って帰ってこれそうなんだけど、
「遠くに行きたい」という「旅の普遍」を満たすにはやっぱり岩手かなあ、とか。。。

« 「寺田克也ココ10年」 | トップページ | 出展のお知らせ 横浜山手、葉山芸術祭 »

TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/57258439

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜美術館 伊藤若冲と江戸絵画:

« 「寺田克也ココ10年」 | トップページ | 出展のお知らせ 横浜山手、葉山芸術祭 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ