« 猫の展覧会 | トップページ | 宮台真司、セナを語る »

2014年4月28日 (月)

円環の猫

いきなり下世話な話で恐縮ですが、ハンズとかで銅板を買うときに
「直径180mmの円形にカットしてください」とオーダーを出すと、工賃が「+¥300」くらい
かかってしまうですよ。

でも「円に絵を描く」というのに、どうしてかグッときてしまうので、たまにまた試みてしまう。

、、、というわけで、「猫 in the Circle」。 本日、追加搬入してきました。

2014042703

なんか、すごく変な猫を描いてしまったような気がするが、、

2014042704

今日、銅版画が1枚売れた。 
¥1500でいちばん安い価格のものだったけど。
それでもたかが紙切れ1枚に、見知らぬ人が(もちろん友人でも)身銭を切ってくれるのは、
どんな賛辞や励ましや応援の言葉よりうれしいものだね。

2014042701
2014042702

あなたの描く、動物はみんな人のような表情になるね。 そう言われた。

たぶん、屈折した作者の心根が投影されるんだと思うよ。

2014042706

追記。

10年近く会っていなかった知りあいが、近くのギャラリーで個展を開いていたので、
観に行った、、が最終日で17時で終了。。。
僕が着いたのは17時半でほとんど片付いたあとだった。

いちど引き返したが、いややっぱり挨拶くらいしていこうか。 
でも、俺なんか覚えてないかもしれないしなあ、とかドアの前でうろうろしていたら、
「あっ、タシロさん!」と声をかけられた。
どうでもいいけど、俺ってそんなに変わんないのかな。
髪の量が減らないのだけはいいことだと思うが。

そんなこんなでOさん、ありがとう。 遅れてしまい残念、すいません。

« 猫の展覧会 | トップページ | 宮台真司、セナを語る »

銅版画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/59543437

この記事へのトラックバック一覧です: 円環の猫:

« 猫の展覧会 | トップページ | 宮台真司、セナを語る »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ