« ビートルのイヤホンジャック | トップページ | 夢見ヶ崎動物公園 »

2014年12月25日 (木)

高倉健と沢木耕太郎

 月刊 文藝春秋  2015年新年特大号

2014122502

 
コラムニストの勝谷誠彦が有料配信日記で紹介していた今号の文藝春秋。
初めてこの雑誌を買ってしまった。

 2014年12月21日号。 < 『文藝春秋』の高倉健さんの遺稿と沢木耕太郎さんのオマージュ。読むべし >。

これにはスクープというべき高倉健の死の4日前の最期の手記と、そのページに続いて沢木耕太郎の49枚の追悼文が載っている。

すべての文章を読んでいるわけではないけれど、「深夜特急」全3冊を20歳くらいのときに読んで以来、沢木耕太郎のファンの僕としては、これは無視できない。

、、、と書きながら、昨晩のJ-WAVEの年に一夜限りの「沢木耕太郎ー天涯へ」(0:00~3:00)はまたしても最後まで聴けなかったんだけど。。

2014122501

高倉健の死後、新聞などに追悼コメントを出さなかった沢木耕太郎の健さんオマージュ。

この文章のために今号の「文藝春秋」は買ってもいい。

勝谷さんの文をちょっとだけ借りると「沢木さんのこの原稿は、やがて何かに収録されるだろうが、それはちょっと違う。健さんの遺稿のあとにこれがある。それをライブで読めるというのが、雑誌の凄さなのだ。」

高倉健が沢木耕太郎がやっていたラジオ番組の第1回にゲスト出演したときのエピソードはどこかで読んで知っていたけど、その30年におよぶ健さんとの交流が綴られている。

それから、本人には届けられなかった、高倉健を想定した映画のシノプシス(原案・粗筋)となる小説のことなど。 すこしの後悔が滲むが、すばらしい追悼文でした。

もし、ご興味のある方はぜひ読んでみてください。 


 
 
 

« ビートルのイヤホンジャック | トップページ | 夢見ヶ崎動物公園 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/60865646

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉健と沢木耕太郎:

« ビートルのイヤホンジャック | トップページ | 夢見ヶ崎動物公園 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ