« ダスト | トップページ |  手をめぐる四百字 »

2015年2月 1日 (日)

 ナンシー関のいた17年

昨年12月にNHK-BSプレミアムで放送されて、HDに録画したものの観ていなかった
「ナンシー関のいた17年」を最近やっと観た。

消しゴム版画家、TVウォッチャー、コラムニストの「ナンシー関」が2002年に亡くなるまでプロとして活動していた17年を同居していた妹の視点で、実際の関係者の証言を交えながら綴ったドキュメンタリー形式のドラマ。

彼女のファンでコラムを愛読していた人でも、知れれざるナンシー。

面白かったが、これナンシー本人が観たらなんて言うんだろって思いながら観ていたら、最後にそんな台詞があった。

 

劇中のナンシー関の声で、
「ナンシー関のいた17年』を観た。でもさあ、結局お涙ちょうだい、ってどうなの?
NHKの限界を見た。」

、、、よくやったNHK!

最後のシーンで12月に渋谷のパルコミュージアムで開催されていた「顔面遊園地 ナンシー関 消しゴムの鬼」の映像が流れた。 これは観に行ったが、当然会場内は撮影禁止なので映像であの会場の様子がもう一度観られたのはうれしかった。 

« ダスト | トップページ |  手をめぐる四百字 »

TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/60980838

この記事へのトラックバック一覧です:  ナンシー関のいた17年:

« ダスト | トップページ |  手をめぐる四百字 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ