« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

山口小夜子 未来を着る人 その2

現在、東京都現代美術館で開催中の「山口小夜子 未来を着る人」展。

その「カタログ」が昨日の新聞の読書欄に紹介されていた。

2015053101


これはただの「展覧会カタログ」を超えた内容の濃い書籍であります。

美術館まで行かなくとも、書店、もしくは直接「河出書房新社」への注文でも購入できるみたいです。 

いまAmazonを見てみたら値段がすごいことになっていた。

展示されていた写真やポスターはほぼ網羅されているけど、ポスターなんかはサイズ感というものもあるし、なにより「映像」は本には収録されていないので、やっぱり「清澄白河」駅から徒歩15分の東京都現代美術館まで行かれて、それでその展示に感銘をうけたなら購入されることをおすすめしますけどね。

、、、「映像」。
、、あの会場で流してた映像をDVD1枚にまとめて商品化してくれたらいいのに~!

 マグリット 展

 マグリット 展   国立新美術館   2015 3.25~6.29

2015052407

六本木の「国立新美術館」は、たしかあの都知事選にも立候補した建築家、黒田紀章の設計だったか。 曲線を生かしたガラス張りの壁面と広いエントランスが印象的な建物だ。

2015052424


美術館は、建築それ自体が「美術作品」でなければならない。
同時にいい美術館は、いい作品を所蔵していなければならないとも思っているので、
収蔵作品を持たない「新美術館」は、「美術館」でなくて「イベント会場」「企画展示会場」だよなあ、と思う。 もったいない、とここに来るたびに思う。

先日、「マグリット」を観てきた。 、、、その前に。

さだまさしの1989年の作品に「マグリットの石」という歌がある。
とくに有名な曲ではなく、当時のアルバムの中の一曲という位置づけなので
知らない人は全然知らなくても、おかしくないのですが。
彼のかく歌には珍しく、あまりにも直截的な「マグリットの石」の歌詞とちょっとロックよりのアレンジがいい、名曲だと思う。

 ♪ マグリットの石は俺達の 時代を見すかして笑ってる ♪

この「マグリットの石」は1959年の代表作「ピレネの城」のことだ。 
さださん本人がこの歌のライナーノート(作品解説)に書いている。

2015052406
この絵が「現代人の包括している不安、危機感」を表して、マグリットが描いたのか本当のとこはわからない。 そういう社会学的な解説はあとから評論家が意味づけてくれるもので
画家本人は「ただたんに面白いと思って、自分の技術を駆使して描いてみたら、けっこういい絵ができちゃいました」てな場合がほとんどじゃないだろうか。 知らんけど。

この作品以降、「宙に浮かぶ岩や建築物」は「マグリット的」というイメージがずっとついてまわることになる。 たとえば鴨居玲という画家も「空中に浮かぶ教会」の絵を何枚も描いていて、あとジブリ映画の最高傑作「ラピュタ」にもそのイメージの連鎖が。
それは、画家や映像作家が影響を受けたとかいうことでなくとも、観る僕のなかではみな
「マグリットの石」のイメージなのだ。

                          ・

、、、で、この「ピレネの城」。 今展覧会の図録に作品No.107で載っていて、ミュージアムショップでポストカードも販売されているのに、会場入り口の作品目録には記載がなく(No.107がない)作品も展示されていなかった。 残念である。
たぶん、展覧会の企画当初は展示される予定だった。それで、図録にも載せた。
だが、そのあとになって何らかの理由で、所蔵先のイスラエルの美術館から作品を借りることができなくなってしまった、キャンセルされた、とかなのだろう。

ま、「ピレネの城」がなくても、今回13年ぶりのマグリットの回顧展は充実したものだった。

絵画作品だけで130点、その他に書籍、ポスター、写真などの資料が55点という分量だ。

その中でも、絵画作品の完成度の高いものとなると、やっぱり戦後の後期の作品になる。

私見ですが展示作品の中から勝手に「トップ5」を選びました。(5作品に順位はない)

 No.130 「 白紙委任状 」 1966年 

2015052408_2      
      ちょっと、エッシャーのだまし絵のようだ。   

      同タイトルの作品が2点並んでるうち、小さいほう。
      こちらのほうが、完成度が高くみえる。

No.79  「光の帝国Ⅱ」  1950年

    青空に白い雲。下半分は夜の街並み。

No.114  「ガラスの鍵」 1959年

  2015052409

No.93  「ゴルゴンダ」 1953年

2015052410
         宙に浮かぶ無数の紳士。 よくみると全員違う人物。

No.56   「絶対の探求」  1940年

        きっちり葉っぱの形に枝のシルエットが描かれた、1本の樹木。
        解説などなくてもこのタイトルと作品で作家が描きたかったものがなんとなく
        わかる気がする。

                         ・

会場出口の今展覧会のミュージアム・ショップで。
スタッフの方全員が被っている帽子は、マグリットの絵に度々登場する紳士の黒い山高帽だった。
僕は一応訊いてみた、「その素敵帽子はこちらで販売してないのでしょうか?」
、、、残念ながら、商品ではなく販売スタッフのユニフォームだそうで、、でもあれいいなあ。

ほかに「マグリットのマグネット」とか「マグリットのマグカップ」とかもあったんですけど、
結局、ポストカード4点買いました。
もとから無いのか、売り切れか、「絶対の探求」のは無かった。

2015052416


 

2015年5月24日 (日)

「 山口小夜子 未来を着る人 」

「 山口小夜子 未来を着る人 」

 4月11日(土)~6月28日(日)  東京都現代美術館

www.mot-art-museum.jp

「私は人間は心が身体を着ているという言い方もできると思いますし、

もっと言えば、人間はそれを取り巻くすべてのものを着ている。 空気も光も。」 

        山口小夜子

2015052418


 

昨日、江東区の現代美術館に「山口小夜子 未来を着る人」展を観にいった。

もしかしたら、20代以下の年齢の方はあまりご存じないかもしれないが、山口小夜子はアジア人初の世界で活躍したトップモデルです。
また、映像、演劇、舞踊の分野や衣装デザイナーとしても活躍し、2007年に急逝した彼女の軌跡を辿る展覧会。


冒頭の台詞は自分を「ウェアリスト(着る人)」と名乗った、山口小夜子の言葉。

展示会場の壁に貼ってあった活字を、僕が紙に写した。 そこは撮影禁止エリアだったから。

これは普通の展覧会のように、特定のひとりの作家が直接作った「作品」を展示するというものではないので、わけわかんないと思う方もいるだろうか。

でも、すばらしい展示です。

会場をひととおり見れば、彼女が自分の、あるいは日本人女性の可能性にどのように挑んでいったのかが、なんとなくでもわかると思う。

写真や衣装デザインも多く展示されているけど、特に目を惹くのが「映像」ですね。

たとえばプロジェクターで白い壁に照射された70~80年代の見覚えのある資生堂のCM映像のクオリティの高さもだけれど、
僕が観ていちばん素敵だったのが、2006年の生涯最後の着物のファッションショーの映像。山口小夜子は着物を前後逆、後ろ前に着て、舞っている。
ちょっと想像したら、すごく変に思えるでしょう? でも、やたらカッコいいんです。

これらの映像はこの展覧会のカタログだけ買っても観ることはできない。

2015052435
いや、この本もただの展覧会の図録を超えた本になってるけどね。 河出書房えらい。

僕のように、カメラマンでも、ファッション関係でも、広告関係とも関係なくても、いいと思った。 この日はもうひとつ展覧会を観たけど、もういちどみたいというなら山口小夜子のほうです。

展覧会の終盤のコーナーは写真撮影自由になっていた。
もちろん、ほかの人の迷惑になるようなフラッシュ撮影なんかは論外だが。

これは、生前の山口小夜子の圧倒的な存在感を知っている人も、ぜんぜん知らない若い人もぜひとも観てほしい。
、、、たぶん最初で最後?かもしれない。

2015052419


                         ・

友達とメールしてたら、ある若いモデルがこの展覧会を観て「こんなカッコいい人がいたんだ!」と感動してたらしいのだけど、そういう業界の人が山口小夜子さん知らなかったというほうが、僕には驚きだよ。

 

野茂

雑誌 Number 877

 「すべては野茂英雄からはじまった」

2015052434


「なでしこじJAPAN」や松井秀樹や長嶋茂雄にケチつけるわけじゃないんですけどね。

「国民栄誉賞」にもっともふさわしい(元)スポーツ選手は、野茂英雄だ。

出久根育 作品集

先日、プラハ在住の画家、出久根育さんの画集を有隣堂で見つけた。

 「 出久根育 作品集 ~ねづの木と赤い実~ 」   学研教育出版 

2015052426

すぐ買おうと思ったが、「いやいやちょっと待て。あと3日待って、ルミネカードで買えば10%オフではないか、定価¥3800+税だと結構大きいかも、、」
ということで3日後に買いました。

判型は小さいのだけれど、それを生かした凝った装丁になっている。
ケースの「窓」と画集本体の表紙の絵がピタッと重なるようになっていたり、

2015052427


しかも、ケースの内側にまで作品の色彩が印刷されていたり、なんか装丁家ノリノリだなあ。

2015052431


そして、中身の掲載作品のプリントもきれいで、銅版画も色彩を忠実にまた、ページごとのレイアウトも工夫されていて見ていて楽しい。

2015052428


2015052429


さらに、「プラハ便り」などの本人のエッセイも収録されていて、読み応えあります。

これだけの充実した内容の作品集で、印刷もきれいで、装丁も素敵で、この値段で、
採算合うのかな~? などと余計な心配もしてしまうが。 
、、よくわからんけど。

                      ・

                      ・

、、1点だけ。 銅版画とタブロー(下絵、デッサンに対して本画の意味だけれど、本画集の場合、絵本の挿画ではない絵画単体での作品という意味でもある、と思う)は作品のサイズ、技法、画材などのデータが記してあるが、掲載作品の半分以上を占める「絵本」の作品にはそれがない。 、、その1点だけちょっと残念に思ったです。
ま、だいたい想像つくけど。 

そんな、こんなで、出久根育さんがこんど帰国したら、サイン書いてもらえないかなあ
などと思っている。

2015052432


もし、書店で見つけたら、手に取ってみてください。

 女の顔

「 女の顔 」  坂崎乙郎  1979年初版  美術公論社

2015052404_2





この本は昔持っていたんだけど、たぶん誰かにあげたか、そこいらへんよく思い出せないんだが、手元になく、思い出したついでにAmazonnで探して取り寄せた。 
ほぼ定価の半額だった。

これは著者が新聞に連載していた「女の顔」についての短いエッセイ110編に、
書きおろしの「顔について」の6つのエッセイを付けて1冊の本にしたもの。

この本が心に残っているのは、「鴨居玲」という画家の絵初めて見たのが、このちいさな本だったからだ。

2015052401


この絵いいなあ。 絵画の構成としてつっこみどころあるかもしれないけど、このギュッとした貌だけで、イイです。 その後何年かして現物を観る機会があったけれど、初めてこの本の図版で見たときの方が衝撃的だった。

この評論家の書く芸術論はずいぶん偏った見方だなあと、昔から思っていたんだけど
本書は取り上げる作品もかなり広範囲で、新聞紙上ということもあってか、語りも平易で読みやすいです。 

2015052402


2015052403


2015052433

猫の版画 額装

猫の銅版画を自作の額とマットで額装した。

いちど仕上げたんだけど、やっぱりマットの縦横のバランスがよろしくないので、持っていく前日に作り直した。(正確には当日の朝までかかったけど)

2015052421


もし、お気に召さなかったら、自分のうちに飾ろうと思っていたけどそうはならなかった。

2015052420

関係ないけど、いまTOKYOFM の「山下達郎のサンデーソングブック」で「猫の歌で棚からひとつかみ」、やってる。

新作・UVレジンのペンダント

2015052010


こちらは、先日のデザインフェスタの直前になって初めて作ったUVレジンを使ったペンダント・トップであります。
これは液体を型に注いで、UVライトを照射すると硬化するアクリル樹脂です。

ガラスに挟む場合は薄い銅板や紙くらいしか、中に挟むことはできないのだけれど、
レジンだと、それ以外に歯車、ワッシャー、釘や螺子の頭、ガラス片なんかも入れられるので
また似ているけど違ったものが出来ればいいのですが。

枠が無いと、白い壁にかけたときに少々弱いので、展示方法はどうしたものか。

やっぱり、ず~っとおんなじものを作ってると飽きてきますからね。
きっと見てくれる人はもっと飽きてるんじゃないだろうか。 変わり映えしねえなあ、と。

次に出展するイベント(デザフェスかほかのイベントになるかわからんが)にはガラスとアクリル樹脂と半々くらいにしたい、と思ってます。

2015052009



2015052008


2015052011

2015052006



デザイン・フェスタVol.41 終了

5月16、17日、デザイン・フェスタVol.41が終了しました。

ブースに立ち寄ってくださった方、また作品をお買い上げくださった方、
 ありがとうございました!

、、、ていうか、もう1週間も経ってしまったんですが、、ご挨拶が遅れてすみませんね。

2015052423


今回は、いつもの展示方法でありながら、作品点数がちょっと少なめになってしまったので、
見つけやすいかもしれないが、いまいち弱い、、反省。。

本当なら端っこで「L字型」の壁を使うときより、今回のような「コの字型」の壁の場合のほうが
点数が多くなければカッコわるいのだ。

次のVol.42に出られるかどうかはまた抽選次第なのですが、次は少し変えていきたいところもあるので、ぜひとも期待してほしい。

、、ま、落ちるかもしれんけど。 でもそうなったら、こんどこそ初めて来場者として、お客さんとしてデザフェスを楽しめるかもっていう期待感があるんだけどな。

さて、こんなものを買った。。

 ステンレスの「トンボの羽のブックマーカー」(栞)。

2015052414


0.5mm厚のステンレスを両面からエッチングしていて、裏表で段差と光沢が違う。

実際のトンボの羽よりは大きいサイズではあるけど、どうしてこれだけの微細な仕事をして
1枚¥1000で出せるのか、わからんぞ。
きっとうまいやり方があるんだろうけど。

2015052415



ポストカード「ハリネズミ」1枚。

2015052413


となりのとなりのブースの女の子から買った。

「ハリネズミってドイツとかフランスでは、幸運の動物なんですよね」って言ったら、
作者はそれを知らなかった。
、、、そのくらい知っとけよ、とは思ったけど言わなかった。 

あと別の男の人でペンギン(の縫いぐるみ)を背負っていながら、黄色いトサカが
イワトビペンギンだと知らないとか、、ダメであります。
人前でペンギン好きを自認するなら、そのくらい知っとけ、と。
「ダーウィンが来た」と「ワイルドライフ」のペンギンの回はすべてチェックしといてほしい、と。 そう思います。

では、また。

2015年5月10日 (日)

 紙の月

「紙の月」といっても映画の話ではないです。

ちなみに原田知世主演のNHKドラマは観たけど、宮沢りえ主演の映画は見逃した。

今日の紙の月はこれ。

2015050908


昨年から銅板だけじゃなくて、和紙の切り絵を組み合わせてみようと思っていろんな紙を試してみたんだけど、1mm以下の細い線になると、シャープに形が残らなかったり、繊維が邪魔になったりでほとんどボツ。
結局、いちばんいいのは厚さが一定で、きめの細かい版画用の雁皮紙(がんぴし)だった。
ていうかこれは前から、部屋にある毎回刷りに使っている紙なんだが。

2015050907


 「満月」 、、、って生成りの雁皮を丸く切っただけじゃん。

2015050906

これも含めた新作の「木」のいくつかは「奇跡の一本松」がモチーフです。

、、、そうは見えないかもしれないが、作者がそのつもりで作ったんだからたぶんそうなんだろう、ということでひとつ。

いろいろ告知が遅れました。

5月16、17の「デザインフェスタVol.41」 出展します!

 E-4 ブースです!

ものんくる Live

 ものんくる 3rd Season

5月2日(土) 渋谷 JZ Brat

2015050205


ここ3ヶ月くらいほぼ毎日聴いている「ものんくる」のライブに行ってきた。

ものんくるの以前の活動の記録をみたら、横浜赤レンガの「モーションブルー」とか、
自分の行動範囲内のライブもけっこうあったので、「もーすこし早く知っていればっ!」と思ったものだが、でも意外と早くその機会はやってきた。

2015050206
会場は渋谷駅からR246沿いの「セルリアン・タワー」の2F。

オールスタンディングのライブハウスとかと違って、予約の時点で席をキープしてくれて、酒も食事もゆっくりとれる、なんですかいつもと違ってアダルトな会場っていうんでしょうか。

画像は未発表の新曲のタイトルに合わせた、この日限定(?)のカクテル「ニジム」。

2015050207


この日のライブは5人の管楽器隊(トランペット、トロンボーン、サックス×2、フルート)も揃った9人のフルメンバーでした。

予定よりちょっとだけ遅れて7時40分くらいに始まったライブは1部と2部の間に30分ほどの休憩をはさんで、2度のアンコールも含めた終演は10時半に近かった。

前にモーションブルー・ヨコハマで観た別のアーティストのライブは1ステージ&アンコールのみの短いものだったので「ライブ・レストランだとこんなもんなのか」と内心思っていたこともあり、今回ものんくるのライブはとてもよかった。

まだ音源化されていない新曲4曲を含む、この日のセットリスト。

ほんとはもう1曲、予定になかった最後の曲があるんだけど。

2015050201

* この画像はものんくるのオフィシャルサイトからの転載ですが、あらかじめ許可を得て
  います。 早速の返信で「どうぞ使ってください」と快諾してくださり感謝!

「出来立てでまだタイトル決めてないんですが」と言って披露された新曲は未定のままみたいですが。

CDで何度も繰り返し聴いた曲も、ライブでの演奏はさらに魅力的だった。

「南へ」という曲が僕はいちばん好きで、iPodの再生回数は150回を超えているんだけど、
この曲のピアノも管楽器のアンサンブルも歌もさらにすばらしい。

アンコールの2曲目が始まるときにボーカルの吉田沙良さんが言った

 「この曲のあいだだけ、みなさん撮影OK!ですよ~!
  SNSやブログでどんどん紹介してくださーい」

なるほど。そんなわけで、僕が撮った写真はすこしだけど、ここに。

2015050204


2015050203


2015050209


2015050208


ものんくる。 JAZZもポップスの枠も超えたバンドだと思います。

次回作がいまから楽しみだ。

次の「電気ものんくる」のライブも行くよ。




« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ