« 山口小夜子 未来を着る人 その2 | トップページ |  鴨居玲 展  踊り候え »

2015年6月14日 (日)

SEVENTEEN 八木美知依

SEVENTEEN    八木美知依  (2005)

2015061304


東京都現代美術館の「山口小夜子 未来を着る人」展の会場内で使われていた音楽に、
箏奏者の八木美知依の音楽があります。

美術館のミュージアムショップでも販売していたんだけどそこでは買わずに、でもやっぱり気になって最近Amazonで購入した。 

「Seventeen」。
通常の箏(十三弦)の低音の不足を補うために考案された十七弦箏を使ったソロ作品。
無伴奏ソロあり、多重録音あり、完全即興演奏ありのオリジナル曲、全8曲。

CDのオビに「箏の概念をくつがえす!」とあるけど、それをもっとも表しているのが、
2曲目の「Rouge」。 これはたまげた。
、、「アグレッシブ」というか「オルタナティブ」っつうか、アバンギャルドっていうか、、
なんかこれは、ロックだ。 どう演奏したら「箏」でこんな音やリズムが奏でられるのかわからない。。、、カッコいいです。

2015061301



CDのクレジットには「撮影」に写真家の高木由利子。
それから「スタイリスト」として山口小夜子、と記してある。
と、なるとこの衣装もおそらく山口小夜子が手掛けたものなのだろう。
2005年だから急逝する2年前か。

八木美知依さんのBlog「箏の次第」(タイトルが素敵だ)の最近の記事にもそのあたりが
回想されていて興味深いです。

« 山口小夜子 未来を着る人 その2 | トップページ |  鴨居玲 展  踊り候え »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/61740846

この記事へのトラックバック一覧です: SEVENTEEN 八木美知依:

« 山口小夜子 未来を着る人 その2 | トップページ |  鴨居玲 展  踊り候え »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ