«  ザ・トライブ | トップページ | しんゆりのワーゲン »

2015年8月16日 (日)

 野火

映画 「野火」 2014年 日本映画  

監督  塚本晋也

出演  塚本晋也  リリー・フランキー  中村達也  森優作  中村優子 他

  www.nobi-movie.com

8月15日(土) 新百合ヶ丘 川崎アートセンター アルテリオ映像館にて

2015081506

敗戦の日の昨日、この映画を観た。 

アルテリオは「イオンシネマ」とか「TOHOシネマズ」とか大きな映画館みたいに、事前のネット販売がなく、すべて当日の9:00開館からの窓口での販売だ。

なので14:40からの映画を観るために、うちから15分。 9:00に川崎アートセンターまで走って、その日にチケットを買う。ちなみに会員価格で¥1000だ。 安っ!
いつもは整理番号1番なのだが、昨日は先に並んでいる人が12,3人ほど。
僕は10番だった。

昨日はちょっと「特別な日」で、上映後に塚本晋也監督のトークがあるのだった。

14時半の上映前にはほぼ満席でした。

2015081507


この映画は大岡昇平原作の小説(読んでない)の2度目の映画化。 
 (最初は市川崑監督版。1959年)

大戦末期のフィリピン・レイテ島。日本軍はほぼ全滅。 島を彷徨う兵士の惨劇と狂気。

ほとんど敵の姿は視えないが、その狂気と残酷な描写に思わず眼を覆いたくなる。

特に飢餓状態の中での一線を越えてしまう「人肉食」の描写。

色彩鮮やかな、大自然の描写のなかで、人間だけがボロボロになっていく。

こ狡い負傷兵のリリー・フランキーと、伍長の中村達也の演技が素晴らしかった。

、、どちらも元々「本職」の俳優さんではないけど。

                           ・

上映後の塚本監督のトーク。

スタッフの女性が最初に、
「これからトークを開始しますが、みなさんこの時間は写真撮影OKですので、それぞれSMS、ツイッター、ブログなどで公開してください!」

せっかくなので、1枚。 後ろのほうの席なのでうまく撮れなかったが。

2015081504

よくよく見たら、今観た映画のなかでボロボロになってた敗残兵なんだな。

その後、サイン会も。

2015081505

塚本監督、あまり気を使わない方らしく、コンビニにビール買にきた近所のおっさんのようである。

パンフにサインしていただきました。 

意外にかわいいサイン。 ありがとうございました!

2015081503

塚本晋也、次回作は俳優として、マーティン・スコセッシの「SILENCE(原題)」2016年公開予定。

«  ザ・トライブ | トップページ | しんゆりのワーゲン »

映画」カテゴリの記事

コメント

まとめて読ませていただきました。
これだけ濃い内容にコメントしきれません。

ではこれはコメントではないのかー!

申し訳ないです。
でも一言、きっちり読ませていただいたよ!
よかったよ!
田代さん、がんばれ!!
と、書きたかった。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/62093200

この記事へのトラックバック一覧です:  野火:

«  ザ・トライブ | トップページ | しんゆりのワーゲン »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ