« ブルームーン | トップページ | 百日紅 ~ Miss HOKUSAI~ »

2015年8月 3日 (月)

 ヘレン・シャルフベック 展  ~ 「快復期」に

「ヘレン・シャルフベック 魂のまなざし」

  http://helene-fin.exhn.jp/

   7月25日(土) 東京藝術大学美術館 にて

「ヘレン・シャルフベック (1862-1946)」というフィンランドの女性画家は先月の新聞の展覧会紹介を見るまで名前すら知らなかった。

2015072607


この1枚。 題名「快復期」。
 
新聞に印刷されたこの作品をひと目みて頭から離れずに、先日上野の芸大美術館まで行ってきた。

  上野公演の展覧会情報の案内板。

2015072605

くっそ暑い中、上野駅から徒歩約10分。 東京藝術大学の構内に美術館はある。

2015080202


展覧会の作品リストには初期から晩年に至る84点の作品があるが、
なんといっても画家26歳の時のこの作品「快復期」でしょう。

ポストカードを3枚買った。

2015080201

これは本当にいい絵だ。

この「快復期」1枚を観るためだけに¥1500払っても惜しくないとさえ思う。

というか、たとえばひとつの展覧会でだいたい50~100くらいの作品が展示してあったとしても、時間がたっても何度も何度も、脳裡にこころに立ち上がってくる作品は、せいぜい3点くらいでしょう。 
そのほかの作品は、図録でも手元になければほぼ忘れてしまうものだ。
(、、それとも僕だけ記憶力がないのか)

「快復期」はずっと忘れないであろう1点。
「フィンランドの国宝級」といわれるこの絵が来日したことに感謝したい。

絵画の構成が見事だ。テーブル、本棚、窓枠の水平垂直の直線、真ん中の少女をぐるっと包む籐の椅子。 それらを描く、筆の確かな技術と。

病人を描いた絵というと、同じ北欧のノルウェーのムンクの作品「病める少女」がある。
病的にやつれた少女の横顔を描いたムンクと比べて、シャルフベックのたぶん病み上がりの少女を描いた「快復期」は、明るい前向きな生命力が感じられて素晴らしい。

よくみると顔も手もそれほど緻密に描かれていなくて、ザックリとしているが、うまい。
めちゃめちゃうまい。

熱もさがって、ママには「まだ寝ていなさい」と言われたけれど、じっとしていられず
ベッドから抜け出している。 もう外に出たくてしかたがない。 右手でいじっている「草」はたぶん「生」の象徴だ。  、、、というふうにこの絵一枚でいくつかのストーリーがうかんできそうではないか。 「快復期」、、いい絵だ。

                            ・

この絵のポストカードを2日後に銀座で漆器のグループ展に参加していた知人にあげた。
「手土産がハガキ1枚か、やっすい男だなあ」と自分で思ったが、しばらく前まで大きな病を患っていたその人は、えらく喜んでくれた。ほっ。
、、、(そんなことはぜんぜん知らんかったけど)

                            ・

この「ヘレン・シャルフベック」、東京展は終わってしまったが、来年3月まで日本国内を巡回している。 今月6日~10月12日までは仙台、、、、東北の人は「快復期」(回復期)という題名の作品をどんな思いでみるのだろう。
10月30日~2016年1月3日までが広島。
そして2016年1月10日~3月27日までが葉山!
神奈川県立美術館の葉山館で開催される。 海を臨むすばらしいロケーションの美術館。

季節もいい。 
やっぱり北欧の画家だからな、寒い季節にもういちど観られるのはうれしいな。

                            ・

今回は1枚の作品だけについて書きました。

たぶんこの機会を逃したら、日本で観る機会はないでしょう。

「快復期」。この1枚のためだけにもういちど足を運ぶ価値がある。 

そう思えるような作品をいつか描いてみたいと本当に思います。

« ブルームーン | トップページ | 百日紅 ~ Miss HOKUSAI~ »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

いつもながら田代さんの解説で観たくなった展覧会の一つです。来年の葉山は朗報です!オーシャンビューの美術館もまだ行ってないので絶対行きたいと思いました。素敵な情報ありがとうございます。

コメントありがとうございます。
そう、葉山展は冬でよかった!
いまぐらいの時季だったら、そこに着くまでが渋滞やら暑さやらで大変ですからね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/61981548

この記事へのトラックバック一覧です:  ヘレン・シャルフベック 展  ~ 「快復期」に:

« ブルームーン | トップページ | 百日紅 ~ Miss HOKUSAI~ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ