« 相模大野アートクラフト 秋の市 2015 | トップページ | KANO 1931 海の向こうの甲子園 »

2015年11月16日 (月)

薔薇と有刺鉄線




第3回 小さな世界展  -CDケースを使ってー

 2015年11月12日(木)~23日(月・祝)   11時~19時(11月23日は17時まで)

2015102402

ただ今、開催中です。 

この展示はCDケースを額装にみたてて、あとは何でもありという大雑把な企画展なんですが
でも、CDケースをばらして裏面に絵や写真をぱこんと挟んだだけだと、なんかちゃちに見えてしまうじゃないですか、そう思ってCDケースを入れる「額」を作りました。

2015111504


今回は自分の作品のモチーフは限定して「バラ」にした。

2015111509_3


毎週、町田のバラの種類が豊富な生花店で、¥324のバラを一輪だけ買って幾枚も描いて、たくさんボツにしました。

2015111510


ところで、、、花屋で買うバラはそれを買ったお客が怪我をしないようにとの配慮なんだろうけど、棘(トゲ)がない。
が、私は思う。 棘の無いバラは、ただの花でバラではない、と。

やっぱり血がでるほどの棘があっておそのバラ。
美しい顔で傷つく言葉を投げつける女性のように、棘は付いててほしいぞ。
、、何言ってんだか。

で、バラに以前とある所で入手した「有刺鉄線」を組み合わせてみました。
なかなか素敵なモチーフだ。

2015110704


2015110302


Art Gallery山手の展示では「ひとり3点まで」というくくりがあるのだが、ほんとは5連作、10連作くらいにしたいのだけれど。 
それは、いずれ今未完のものも含めてすべてそろうでしょう。

2015111511

展示作品はCDケースに入れるサイズなので1点が、70×65mm、85×45mmくらいの
手のひらサイズです。 額装込での販売も、または版画シートのみでの販売も承っております。 お時間おありでしたらぜひ。

これほどの小さなサイズだと、空間の広がりと凝縮、というかそういった面白さは難しいので、もうちょっと大きな画面(といっても普通サイズだが)の銅版画も制作中です。
いつか、人目に出せる機会があれば。

                          ・

2015111303


「薔薇と有刺鉄線」、と書くと何となくイカガワシイような、ヤバいような、キケンな妄想、連想をしてしまうのは僕だけでしょうか。。。
、、俺だけですか。 すみません。

小学生くらいの時に、友達と遊んでいて空地の柵をくぐりぬけようとした時に、有刺鉄線でザックリと切ったふくらはぎの傷跡はうっすらと残っている。
ここ10数年も有刺鉄線を見かけないのは、きっと勝手に怪我するバカなガキが出るのを懸念して、、というのも、少しあるのかもしれないね。




« 相模大野アートクラフト 秋の市 2015 | トップページ | KANO 1931 海の向こうの甲子園 »

銅版画」カテゴリの記事

コメント

田代さんの薔薇はいつもいつも素敵です!

ところで・・・私は子供のころから「有刺鉄線」のことを「バラ線」とよんでいます。

親も教師もそう言っていたな・・・

「バラ線は危ないからくぐらないように」とも・・・

みんな 良い子(臆病者?)で怪我人は出なかったなっ!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/62671361

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇と有刺鉄線:

« 相模大野アートクラフト 秋の市 2015 | トップページ | KANO 1931 海の向こうの甲子園 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ