« KANO 1931 海の向こうの甲子園 | トップページ | 多摩クラフトフェア »

2015年11月23日 (月)

 わたしの名前は...

映画 「わたしの名前は...」  

 2013年/フランス/126分/カラー、一部モノクロ /原題 Je m'appelle Hmmm... 

監督・脚本・撮影・美術  アニエス・トゥルブレ (アニエス・b)

   www.uplink.co.jp/mynameis

2015年11月22日(日) 渋谷UPLINKにて

2015112203_2


ファッションデザイナーのアニエスbが本名アニエス・トゥルブレで初監督した作品。

2015112202


アニエスべーの作品だからパリのお洒落な映画かと思いきや、シリアスなテーマと悲劇的結末だ。

(直接的な表現はないけれども)父親に虐待を受けて傷ついた少女と、何らかの理由で家族を失った、イギリス人のトラックドライバーのロードムービー。
短い、終わりのあるこの旅の結末にハッピーエンドはない。

2015112204


赤と青と白のトリコロールを基調にした色彩。 突如変わる画面サイズや質感。
画面に重なる手描きの文字や少女の泣き顔のドローイング。
自由に変化する画面が現代美術の映像作品のごとく実験的だ。

ジャン・レノにちょっと似たトラックドライバー役のダグラス・ゴードンは現代美術作家で
2006年の映画「ジダン・神が愛した男」の監督らしい。この映画も公開時、池袋で観ている。 縁がありますね。

                          ・

渋谷のアップリンク。初めて行きました。
この映画の上映は40席しかないちいさなスクリーンだけど、座り心地のいい椅子でゆったり観られました。 アップリンクの会員になろうかな。次から¥1000だし。

「赤いバンダナ」はWebでの予約席。

2015112210_2

窓口でチケット購入の場合、ボーダー(横シマ模様)柄の服を着用の方は¥300引きの
「ボーダー割」があります。「ボーダー柄」はアニエスの定番だけども、アニエスbの服でなくとも割引だそうです。
僕は「ヨコシマな心」の持ち主だけれども「ボーダー柄」のシャツは無かった。。

でも確実に観るなら、Webで座席予約するほうがおすすめかも。





« KANO 1931 海の向こうの甲子園 | トップページ | 多摩クラフトフェア »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/62734660

この記事へのトラックバック一覧です:  わたしの名前は...:

« KANO 1931 海の向こうの甲子園 | トップページ | 多摩クラフトフェア »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ