« 「 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」 | トップページ | カラヴァッジョ展 »

2016年2月28日 (日)

「 愛と哀しみのボレロ  デジタル・リマスター版 」

昨日2月27日、映画「愛と哀しみのボレロ デジタル・リマスター版」を観た。

昨年11月頃に恵比寿ガーデンシネマで公開してた時に観ようと思ったんだが、映画のスケジュールを見たら、2月頃に新百合ヶ丘に来ることがわかったので、待ってました。
近いし、交通費かかんないし、会員価格だと¥1000で観られるし。

2016022704
                            http://mermaidfilms.co.jp/bolero/

この映画、上映時間が185分。 3時間5分もある。 長い!

以前、観た「愛のむきだし」という映画は4時間もあったが、3時間を超える作品はまあ「長いだろ」といっていいでしょう。

2016022705

時代は1930年代から1980年まで。舞台はモスクワ、パリ、ベルリン、ニューヨーク。

第二次世界大戦をはさみ、困難をくぐり抜け運命に導かれる4つの家族の物語。
主要な登場人物だけでも15人くらいになる。 それが3時間の中で舞台を次々に変えながら同時進行していくもんだから、、

、、はっきり言って1回観ただけでは話がわからん。
   、、、私が人並み外れてバカなだけなのでしょうか?

「人物相関図」というものがあって(旧い映画なのでパンフレットの販売はなかったが)、
上映後にそれをじっくり見た。

2016022703_2


で、ようやくわからんかった人物の関連が解けてきた。

例えば、「えっ、この人は最初のほうのあのシーンで駅に捨てられた赤ん坊で、そのおかげで収容所で死なずにすんで、、それじゃラスト近くのあのシーンは生き別れた母親との邂逅の場面だったんですか? そりゃ、赤ん坊がいきなりおっさんなんだもん、わからんかったわ」 とか

「えっ、このパリに上京してやがてテレビレポーターになった女性は、ドイツ人指揮者とパリのバーのシンガーの私生児?! ということはラストの場面では父と娘の初対面だったかもしれないのに、たがいに親子だとは気づいていないということでいいのか?」とか、

「え~と、モスクワでボレロのオーディションに落ちた娘が審査員と結婚して、その息子もバレエダンサーになってフランスに亡命して、、ニューヨークの音楽家の娘は歌手になって、
パリのピアニストとバイオリニストの孫が歌手になって、それでラストシーンのパリの広場で全員集合、と」 とか。

とにかく、時代に翻弄される人々壮大なドラマだということはわかるが、入り組んだ人間関係は予備知識なしに一見しただけではむづかしいかも。 、、俺がバカなだけでしょうか。

それにしても、ラスト15分。
たとえば、映画「4分間のピアニスト」のラスト4分のピアノ演奏。
「セッション」のラスト9分のドラムソロ。 映画のラストの心揺さぶる、超絶名演奏。
その大元、原点、かもしれない「ボレロ」の15分。

主要キャストがパリに集結、また中継のテレビ画面を見つめながらのラスト15分。 モーリス・ラヴェルの「ボレロ」の一大スぺクタルシーン。 この映画の2時間45分近くはこのラスト15分のためにある。 このシーンを映画館のスクリーンと音響で観るためだけにこの作品を観たとしても満足。

でも、やっと人物と舞台、時代の関連が頭に入ったのでもう一回観たいな。

                          ・

「ボレロ」をバレエダンサーが舞い踊る舞台は、ソロのダンサーが舞う、直径5メートルくらいの赤い円形のステージと、その外で踊るエキストラのダンサー。 「円形の赤いステージ」というか「台」。僕にはそれがどうしても、巨大な「ちゃぶ台」に見えてしまう。 これからちゃぶ台を見る度に「ボレロ」を思い出すだろう。

大晦日にテレビ東京で中継した「ジルベスターコンサート」。
昨年日本で引退公演をしたフランスの「100年に1人」のバレエダンサー、シルヴィ・ギエムも「ボレロ」を披露してすばらしかった。 そして、やっぱり「ちゃぶ台」だった。

« 「 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」 | トップページ | カラヴァッジョ展 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/63272376

この記事へのトラックバック一覧です: 「 愛と哀しみのボレロ  デジタル・リマスター版 」:

« 「 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」 | トップページ | カラヴァッジョ展 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ