« 美術手帖 2016年2月号 「特集 浦沢直樹」 | トップページ |  ビュランに捧ぐ・・・  »

2016年2月 9日 (火)

出久根育 個展 その2

2016年2月6日(土)  港区北青山、ギャラリーハウスMAYA にて

チェコ・プラハ在住の画家、絵本作家の出久根育の個展の第2弾。

2016012901_2


この日は最終日。 仕事があったのだが早退して、なんとか16時半くらいに間に合った。

先々週までの、銀座のギャラリー「巷房」では最新作の黒一色の銅版画のみの展示だったが
「MAYA」では、個展では未発表だったもの、とくに絵本の挿画になったテンペラとガッシュ(不透明水彩)の作品や版画などが多かった。

壁一面に絵がぎっしりだったので、ちょっときゅうくつに見えなくもないが、それよりも見ごたえのある展示でした。

作家本人の許可を得たので画像を少し。

2016020707


2016020708_2

3年前に購入した絵本の挿画になった銅版画もほとんど展示していたみたいだ。

2016020901_2

この本はすべてチェコ語なのでさっぱり読めないが、絵を読んで想像するに、「クリスマスの家族、子供に語るイエスの生誕と、人と心が通わせられないさびしい天使の物語」、、、
、たぶん。。

2016020711

短期間で2会場での個展、おつかれさまでした!

« 美術手帖 2016年2月号 「特集 浦沢直樹」 | トップページ |  ビュランに捧ぐ・・・  »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

巷房につづきmayaにも、しかもお仕事早退までされて御運び下さり、大変ありがとうございましたm(_ _)m 田代さんのさすがの鑑賞力、文章力で素敵に表現して下さり感謝です。来日後、我が家に1ヶ月滞在していた育は2つの出展と諸々ぶじに終え本日親元へ移動しこれから山でお仕事です。私も自分の仕事巻いていかなきゃ!( ´ ▽ ` )ノ
数年後の次回も是非またご覧下さいませ。

数年後になっても出久根育さんは何も変わってないような気がします。もちろんいい意味で。 僕も自分の制作がんばらなくちゃ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/63180255

この記事へのトラックバック一覧です: 出久根育 個展 その2:

« 美術手帖 2016年2月号 「特集 浦沢直樹」 | トップページ |  ビュランに捧ぐ・・・  »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ