« 「 恋人たち 」 | トップページ |  ヘレン・シャルフベック 展 再び »

2016年3月27日 (日)

「 独裁者と小さな孫 」

映画 「 独裁者と小さな孫 」    監督:モフセン・マフマルバフ

 2014年/ ジョージア(グルジア)、フランス、ドイツ / ジョージア語

2016年3月20日 新百合ヶ丘・川崎アートセンター・アルテリオ映像館にて

2016032701_2

               http://dokusaisha.jp

おそらく、多くの日本人が「ジョージア」という国名には、いまだに馴染めないんじゃないだろうか。 英語読みの「ジョージア」だとどうしてもアメリカ合衆国の州名とか、あるいは缶コーヒーのブランドと混同してしまいがちだもの。 「グルジア」のほうが「見知らぬ国」の響きがあっていいじゃんと思うが。 当のグルジアが「ジョージアと呼んでくれ」というのだから仕方あるまい。 やっぱり国名としてはなじめないが。。

2016032010

「独裁者と小さな孫」。この映画はイラン出身のモフセン・マフマルバフ監督がジョージア(グルジア)で撮った、架空の独裁政権の国が舞台の物語だ。
ある日、クーデターが起こり、老いた大統領は幼い孫と逃亡の旅にでる。
変装で素性を隠しながら、2人は海を目指す。
そして逃亡の果ての運命と衝撃の結末、、。

原題は「THE PRESIDENT (大統領)」。 これは邦題の付け方が上手いですね。
「独裁者と小さな孫」。つまり冷酷な独裁者だった老人の逃亡劇に、何も知らない無邪気な孫が一緒にいる、というのがポイント。 
その幼い子供が「死」と隣り合わせという状況。 たぶん独裁者ひとりだけの逃亡劇だったら、鑑賞者もそれほど感情移入できなかったんじゃないだろうか。

逃亡の旅のなかで初めて自分の大罪を知る独裁者。

そして抑圧から解放された人間もまた残酷で欲深い。特に独裁政権側にいた軍人たちの。

しかし、政権に囚われていた「政治犯」の男がこう言う。

「復讐から生まれた民主主義が何になる!」

「殺してしまうのは、暴力と憎しみの連鎖を断つことができないだろ。また同じことの繰り返しだ!」

 じゃ、どうすればいい?

最終的に独裁者と孫がどうなったのか、はっきりと描かれていないが、祖父と孫が作った「砂の宮殿」が波にさらわれて崩れるシーンは見事だった。

                          ・

付記: 音楽が豊か。 クラッシックだったり、フラメンコだったり、ジプシーミュージックだったり。 それだけに唯一残念だったのは、逃亡の独裁者が旅芸人に扮するためにギターを盗んだはいいが、それを手に孫に躍らせて演奏するシーンでは、スタジオレコーディングの音を被せてしまいちょっと興ざめ。下手でもいいから生音(ライヴ)で収録すればグッとよかったのにね、と。

« 「 恋人たち 」 | トップページ |  ヘレン・シャルフベック 展 再び »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/63378055

この記事へのトラックバック一覧です: 「 独裁者と小さな孫 」:

« 「 恋人たち 」 | トップページ |  ヘレン・シャルフベック 展 再び »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ