« Kanoco BEER | トップページ |  国芳・国貞 展  »

2016年6月 5日 (日)

高島野十郎 展 -光と闇、魂の軌跡

目黒区美術館で「没後40年 高島野十郎 展 -光と闇、魂の軌跡」を観た。

高島野十郎(たかしま・やじゅうろう 1890-1975)という画家のことは今回この展示を観るまで、知らなかった。 まったく不勉強であります。

2016060501

150点ほどの展示作品のなか、もっとも心惹かれたのは第4章の「静物」。

2016060503

この「からすうり」(53×41cm)も「写実」に違いないんだけど、画面の隅々まで描ききる、
なんていうか宗教的な「慈しみ」みたいなものがあります。

なんとなく先日まで上野で公開されていた伊藤若冲の絵にも通じるものがあるようにも
感じた。

それから、最後の展示室にあった「蝋燭」のシリーズ。

2016060502

約23×16cmくらいのサイズの「蝋燭」の絵が20点近く、ひと部屋まるごと「蝋燭」に囲まれているという、油彩にしては小品ながら「圧巻」の展示だった。

ほかの風景画とかのひとつひとつの作品はどんなものだったか忘れてしまっても、こういう作品の展示は、たぶんずっと忘れないと思う。

展覧会の図録(税込¥2500)を買おうと思ったら、手持ちの現金が¥800。。

クレジットカードは使えず、現金のみなのだという。

「一般の書店でもご注文できます」ということなのでそうすることにした。


« Kanoco BEER | トップページ |  国芳・国貞 展  »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/63735349

この記事へのトラックバック一覧です: 高島野十郎 展 -光と闇、魂の軌跡:

« Kanoco BEER | トップページ |  国芳・国貞 展  »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ