« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月23日 (土)

赤い靴

 第9回 横浜 山手の坂道と風景展 Part2 7月22日(金)~31日(日)

  Art Gallery 山手  http://art-g-yamate.com

2016072001_4


ここ何年か参加させていただいている、この企画。 昨日から7月31日までです。

アクセサリーなど20数点出品してます。 お近くまでお越しの方はお立ち寄りくださいませ。

                           ・

 「 赤い靴 」

2016072003


♪ 赤い靴 はいてた 女の子  異人さんに つれられて 行っちゃった

 横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って 異人さんに つれられて 行っちゃった

2016072201

ノンフィクション作家の沢木耕太郎さんは、幼いころから疑いなく「異人さん」という一節を、
「良い爺さん」と思いこんでいたそうだ。
 
「だから、この歌がどうして哀しげな調べをもっているのか理解できなかった。親切で優しいおじいさんに連れられていくならいいではないか、と。 
『良い爺さん』が『異人さん』だと知ったときにはさすがに驚いた。」とエッセイに書いている。

 横浜 山下公園の「赤い靴の少女像」

2016072102

この童謡にはモデルになった女の子がいたが、じつは異人さんと外国には行っていなかったそうです。 佐野きみ (1902-1911)という、わずか9歳で亡くなった女の子がモデルというのが定説。
満3歳のときに親の事情で、アメリカ人宣教師負夫妻の養女になった。
やがて夫妻が本国に帰国することなったが、その時「きみちゃん」は結核にかかっていて、
アメリカに連れて行くことができずに、東京・麻布の孤児院に預けられる。 
「きみちゃん」の立場にしてみれば2度も親に捨てられたことになるわけで、かわいそうすぎます。 
ただ実の母親は、娘のきみは宣教師と一緒にアメリカに渡ったものと思い込んでいて、東京の孤児院で亡くなったことは知らないままだった。
その話を直接きみの母親から聞かされた野口雨情が1921年に作詞したのが「赤い靴」、
というのが、定説ということになっている。 細かな部分で異論はあるらしいけれども。

                           ・

山下公園の「赤い靴はいてた女の子の像」は純粋に野口雨情の詩をモチーフにしたもので
、そのミニチュア版が横浜駅自由通路のちょうど真ん中あたりにあります。
こちらは小さすぎるせいか、気がつく人はあまりいないかもしれないが。

事実に基づく「きみちゃん像」が孤児院のあった麻布十番にあるそうです。
これは見たことないが、冬になると誰かがマフラーや帽子をかけてくれるというのが微笑ましいです。 





« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ