« 「 風立ちぬ 」 原作本 | トップページ |  古本ピクニック 雨天中止  »

2016年10月 9日 (日)

アリス=紗良・オット  ソロピアノ

昨日、10月7日は町田市民ホールでの「アリス=紗良オット ピアノ・リサイタル」に行ってきました。

2016100701

7月のある日にJRと小田急町田駅をつなぐ通路から見えるこの横断幕が目に入って、今回の公演を知った。

2016100801


すぐに、市民ホール電話してとりあえず1枚予約。
¥4500。 安い! ソロだからか。 オーケストラと共演とかだと¥10000超えちゃうものな。 
さて実は、町田市民ホールの公演は直接ホールで買うか、電話予約するときに、空いてる座席を自分で選ぶことができる。 イープラスとか、ぴあで買う場合そうはいかないが。
そしたら、奇跡的と言っていいでしょう、「最前列ど真ん中」が空いていた!
もちろん、その席を取った。
、、、コンサートの指定席に限らず、私の人生に於いて「最前列ど真ん中」は一度もない、、、

、、結局その「最前列ど真ん中」は母に譲り、1列ななめ後ろの席をもう1枚取ることになるが。

演奏曲は グリーグ : 抒情小曲集より (12曲)
       グリーグ : ノルウェー民謡による変奏曲形式のバラード 作品24

 ここまでを休むことなくメドレー形式で一気に演奏して、約50分。
 15分ほどの休憩をはさんで、第2部。

       リスト  :  ピアノソナタ ロ短調  
       
         、、、とアンコール曲はわからんです。

2016100704


この日は熊本から始まった全10公演の8つめになる。

前半の衣装はパンフレットにのってる黄色いドレス。

クラシックでは珍しく、最初にマイクを持ってちょっと長めの挨拶と、曲目の解説。
穏やかな語りの後に、やがてなにか憑依したかのような、演奏をまのあたりにすることになる。

後半は上下とも黒で手首までのロングTシャツ(?)みたいなのに、黒いスカート。
それで演出がちょっと良くて、といってもピアノ1台しかないんだけど、照明をすべて落として、真上からのスポット1本だけ。 闇の中、アリスの白い顔と手だけが浮かび上がるようにも見える。

そんななかで弾くリストは素晴らしく、ソナタといっても長い1楽章しかない、3つの楽章をひとつに凝縮したような長い曲。
緩急、強弱、熱と冷静。振幅の大きさ。 自分のような素人でも、この曲が巨大で高度だというのはわかるわ。

母に言わせると「ピアノのリサイタルって、だいたい途中で眠たくなるけど、今日のは一回もなかったわ。 」 と言わせるほどにダイナミック。

マルタ・アルゲリッチの若いころってこんなふうだったのかな。

終演後のサイン会は長蛇の列。
僕は会場で購入したものではなく、実は自宅から持参したCDのブックレットにサインしてもらった。 ま、2年間くらい大事に聴き続けたCDにサインしてもらえたというのも、感慨深いというか、感無量。

2016100702

このCDは2008年のものだから、8年前か。

現在の髪型の、なんていうんですか「鋭角的なカットのおかっぱ頭(うまい言い方をしらん)」がなんとなく山口小夜子みたいでカッコいいです。

サインしてもらったほんの数秒の間だったが、
「どうぞ、お身体をたいせつに。また機会があれば必ず聴きにきます」
「ありがとうございます!」

見た目の美しさと演奏もさることながら、人柄の誠実さも感じました。

 

« 「 風立ちぬ 」 原作本 | トップページ |  古本ピクニック 雨天中止  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/64317871

この記事へのトラックバック一覧です: アリス=紗良・オット  ソロピアノ:

« 「 風立ちぬ 」 原作本 | トップページ |  古本ピクニック 雨天中止  »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ