« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月 6日 (日)

シーモアさんと、大人のための人生入門

映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」

2014年・ アメリカ映画・81分  監督:イーサン・ホーク

 2016年11月6日(日) 川崎アートセンター・アルテリオ映像館にて

2016110605

本日11月6日(日)、あれこれ今月の予定を考えて「やっぱ今日観よう」と思い、15分ほど走って観に行った。 

イーサン・ホークって誰だったかなー、と思ったら「恋人までの距離(ディスタンス)」とその後の続編でジュリー・デルピーの相手役の俳優だ。
監督業もしているとは知らなかったです。

2016110601

この映画は84歳のピアノ教師、シーモア・バーンスタインを撮ったドキュメンタリー作品。

2016110606
ピアノ教師としてのレッスン・シーン、やわらかい声で適格に生徒に教える。
ピアノについて、音楽について、これまでの人生について語る。 友と語り合う。
始めから終わりまでそれだけの映画です。

大きな事件が起こるわけでもなければ、そもそも「クライマックス」がない。

しかし、シーモアさんの語る、やさしいあたたかく、深い詩のような言葉の数々。。

彼の語る「音楽」を「人生」に置き換えてもいいかもしれない。

僕は基本、説教くさいものは好まないのですが、この映画の80分の語りつくす言葉に、
もういちど観たいと思ってる。

パンフレットは品切れだった。まじか、残念。  近々再入荷の予定だとのこと。

                           ・

個人的には、「大人のための」っていう邦題じゃなくてもいいと思います。
 

「この世界の片隅に」徹底解説を聴いて

先日、11月2日(火)のTBSラジオの「たまむすび」の午後3時からの映画評論家・町山智浩の「アメリカ流れ者」。

いつもはアメリカ在住の町山さんが電話出演して、新作映画やアメリカのカルチャーなどについて話す(最近は大統領選)のだが、ただ今帰国中ということで、スタジオ生出演。

この日は11月12日公開のアニメーション映画「この世界の片隅に」について語った、というか大絶賛!

、、う~んちょっとこれは、正直映画も予告編すらも観てないのに感動しました。

さっそく、上映館調べて前売り買っちゃいました。

2016110602


いまTOHOシネマズとかの前売りチケットってカードになってて、裏面の番号入力してネットで座席予約できるようになってるんだな。 よう知らんかった。

さて、この日の「アメリカ流れ者」。 普段は番組パーソナリティーの赤江珠緒さんと山里亮太さんが町山さんの話の聞き役なのだが、この日は出演者3人ともが「この世界の片隅に」の試写を観ている、ということもあって大絶賛の嵐! ギリギリネタバレにならないところで語りつくすという名作回でした。はやりの言葉でいうと「神回」か。 もう古いか。

「今日は本年度レコード大賞、、じゃなかった、間違えた『町山大賞』の発表です! 『この世界の片隅に』! もう1億円もらってもこの映画にあげます!」 って、いきなり「レコード大賞、1億円」のワードぶっこんで皮肉ってるとこがさすがだなあって思った、しかもTBSの番組内で。。

とにかく怒涛の22分。 赤江さんが映画を思い出してなのか、時折言葉につまっていたようだった。
そしてこのトーク全体が映画で声優をつとめた能年玲奈の応援になっている。 

番組のあと、試しにツイッターで「たまむすび町山智浩」で検索してみたら、ほらやっぱり称賛の嵐じゃん。

この番組は明日いっぱいまで、「TBSラジオクラウド」かradikoの「タイムフリー」、それ以降はたぶん、YOUTUBEで聴くことができます。

興味がある方はどうぞ。僕は10回くらい聴いた。

11minutes イレブン・ミニッツ

映画 イレブン・ミニッツ   

2015年 ポーランド・アイルランド  監督 イエジー・スコリモフスキ

 http://mermaidfilms.co.jp/11minutes

2016110603

新百合ヶ丘での公開最終日の10月28日に観た。

ポーランドのイエジー・スコリモフスキ監督78歳の5年ぶりの最新作。、、といっても私はこの1本しか観ていないが。

「イレブン・ミニッツ」というタイトルどおり、ある1日の午後5時から5時11分までの「11分間」の物語。 

2016110604
映画の上映時間は81分ですが、映画の中を流れる時間はほぼ11分。

主要登場人物は11人。いわくありげな人物たちだが、その背景の説明はいっさい無し。

群像劇の11分間の同じ時間が場面や構図を変えて何度も繰り返され、5時を告げる鐘の音が3回聞こえる。

撮影の手法も通常の映画用のカメラから、監視カメラ、スマホ、CGまで、視点も次々に変わり、とても78歳のジジイ(失礼!)が撮ったものとは思えないな。

都会のバイク便の疾走と救急車のサイレンのはての11分後に何が起こるのか。

想像の斜めうえを飛んでいった!、、、とまでは僕には言えないけど驚愕のラストシーンでしたよ。 悲劇なんだろうけど、やっぱりちょっと笑ってしまう。

もう上映は終わってしまったみたいですが、DVDになったらそこに至るまでの仕掛けや、伏線を確かめてみたい。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ