« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

ジャニス: リトル・ガール・ブルー

映画 JANIS:LITTLE GIRL BLUE /  ジャニス:リトル・ガール・ブルー

  2015年 アメリカ映画  監督:エイミー・バーグ

2016年12月24日 川崎アートセンター アルテリオ映像館にて

20年くらい前のことだが、とある土曜日に仕事で運転中のラジオから、ジャニス・ジョプリンの歌が流れた。曲は「Me And Bobby McGee /ミー・アンド・ボビー・マギー」。 
そのラジオ番組はシンガー・ソング・ライターの鈴木祥子の特別番組で2時間半ほどの番組のなかで、自身の曲や敬愛するミュージシャンの曲をかけながら、その中でジャニス・ジョプリンを紹介する。
鈴木祥子さんがジャニスの27歳という短い生涯と音楽活動について語ったあと「ミー・アンド・ボギー・マギー」が流れる。ともあれそれが僕がジャニスの声を聴いた最初だったと思う。

そのしゃがれたような声は衝撃的でさえあった。英語の歌だからもちろん歌詞の内容はわからないけれど、「ミー・アンド・ボビー・マギー」というタイトルと曲調、ジャニスの歌いっぷりから僕が最初に想像した内容はこんな感じだった。

「私とボビー・マギーはかつて一緒に過ごしていたけれども、いまは離れ離れでそれぞれの道を歩いている。 けれども、あの日々はけっして無駄ではなく、いまでも私たちのなかで輝いている・・」 
みたいなことを歌ってるんじゃないかな、と思って聴いて、その後ジャニスのCDを買って訳詞を確認したら、だいたいそんな内容だった。 「歌」って言語がわからなくても、やっぱりその思い、とか心が伝わるもんなんですね。

それからしばらく経って、大船の「鎌倉芸術館」で友部正人の「30周年記念コンサート・あれからどのくらい」があった。途中休憩をはさみながらの3部構成、約4時間の長いライブ。
2部と3部の休憩の間、ロビーでコーヒーを飲んでいると、すぐ近くから聞き覚えのある声が。
ふと横を向いたらすぐ隣に鈴木祥子さんがいた。 話かけなかったけど。

                            ・

、、、というわけで、長い前フリでしたが、昨日24日に映画「ジャニス:リトル・ガール・ブルー」観てきました。

2016122506_2
この映画なプロのシンガーとしての実働約4年(!?)のジャニス・ジョプリンのドキュメンタリー映画です。   

                             http://janis-movie.com/

2016122505

生前の本人のライブ、レコーディング、インタヴュー映像と、当時の彼女を知る人々の証言、それから初公開された、家族に宛てた手紙の数々で構成されている。

その手紙を朗読するキャット・パワー(シンガーらしいがよく知らない)がいい。ジャニス本人が朗読しているのかと思っちゃったよ。

「リトル・ガール・ブルー」。 ジャニスの歌った曲名だけれど訳すと「少女の憂鬱」か。
映画本編のなかのある人の証言に「ホテルに彼女を訪ねていったら、途方にくれた少女の顔だった、、、」という印象的な言葉があったので、ここからタイトルにしたのかもしれないです。

2016122503_3


初めて観るジャニスのライブやレコーディングの映像の圧倒的な声の力。

それらはとても魅力的でそれだけでも観る価値はあるけれども、この映画の中では、容姿にコンプレックスを抱えた暗い少女時代から綴られている。

誰からも相手にされなかったハイスクールと、シンガーになってからも孤独を酒とクスリで紛らわせて、結局それがもとで突然27歳の若さで逝ってしまうんだけれど。

きっとこの人はだらしのないとこも、いっぱいあったんどろけれども、たった実働4年ほどの音楽活動で「音楽史上最高の女性スター」、「女性ロックのアイコン」になった。

50年、60年生きても人の心になにも残せない人がほとんどだというのに、いなくなってもパワフルな歌声で元気づけてくれる彼女はやっぱり素敵だと思うのです。

                         ・

映画本編が終わって、エンドロールといっしょに、有名人のジャニスへのコメント映像が流れた。

、、、ジュリエット・ルイス! なんか久しぶりに見た気がする。彼女の出演作では「ギルバート・グレイプ」が一番好きです。

それからジョン・レノンとオノ・ヨーコ。 ジョンが凶弾に倒れたより、ジャニスの死のほうが早かったというのが、いまさらながら意外に思ったり。

ジョン・レノン「僕の誕生日プレゼントにと、ジャニスが歌を録音したテープを送ってくれたんだ。それが届いたのは彼女が死んだ後だった。」

 

2016年12月19日 (月)

SION ACOUSTIC TOUR 2016 代官山UNIT

 12月

♪ 12月 街はクリスマス気分 あちこちから思い出したようにジョンの声

   そして俺ときたらいつもこのごろになると

   なにかやり残したよな やわらかな後悔をする ♪

たしか1986年の冬にFMから流れてきたこの歌「12月」で「SION」というシンガーを知った。
なんという寂寥感の歌だろう、と。 「ジョンの声」がジョン・レノンのことだと気付いたのはずっと後のことだけど。

それから、約30年。 ほぼすべてのアルバムをリアルタイムで聴いてきた。
人生の半分以上の時をSIONの音楽を聴いてきたことになる。

メジャーデビュー30周年の今年。 
30年、長期の活動停止期間もなく、その時代、時代の歌を書き、ほぼ毎年アルバムを発表しているが、一般の知名度はあまりにもない。 でもその音楽は唯一無二のSION。 御年56。

、、、かっこいいです!

                            ・

2016年 12月17日(土)

 SION アコースティックLIVE 2016  代官山UNIT

年末恒例のSSK(SION+細海魚&藤井一彦)のライブに今年も行ってきた。

メンバーは細海魚(キーボード・アコーディオン)と藤井一彦(Aギター)の2人だけなのだが、ドラムやベースもいるんじゃないかと思うほどの分厚い音!
年々進化している感じだなあ。

この夜の記憶を辿って、セットリスト(演奏楽曲)はだいたいこうだったと思う。

 (順不同です。 以下の楽曲を歌ったけど曲順はちょっと自身ないや)

              夜しか泳げない

              午前3時の街角で

               バッカス

             まるで誰かの話のようだね

             洒落た日々から遠く離れて

               デジャビュのあやとり 

               追っつかない

               ひとり綱引き

              Hello ~大切な記憶~

                 春よ

             お前の空まで曇らせてたまるか

                ONBORO

                      Hallelujah

                                  ノスタルジア

           後ろに歩くように俺はできていない

              彼女少々疲れぎみ

                 jabujabu

                  風来坊

              マイナスを脱ぎ捨てる

                  住人

               曇り空ふたりで

                  12月

              ウイスキーを一杯

                  俺の声

                 お前がいる

           今さらヒーローになれやしないが

              そして あ・り・が・と・う

特にすばらしかったのは、「ノスタルジア」ですね。 この歌は何度も聴いてるけど、この日の歌はなんていうんですか、神ってた。 鳥肌がたち、目頭が熱くなる。。

ふんだりけったりで、言いことなんかあまりなかったような1年が終わっても、SIONの歌があれば、人生なんとかやっていけるんじゃないか、本気でそう思ったライブだった。

 ♪ 後ろに歩くように俺はできていない 今を行くだけだ たとえ亀より遅くとも

   それでも後ろに歩くようには 俺はできてないのさ ♪

2016121801


2014年のTシャツが安くなってたんで、買ってきた。ステッカーと。
 

 

2016年12月11日 (日)

東逸子 個展 

銀座のスパンアートギャラリーで画家、東逸子(あずま・いつこ)さんの個展を観てきた。

2016121102

                                        http://www.span-art.co.jp/

2016121101

新作はドイツの伝説の鳥「ヘルシニア」から触発された、水彩ベースのドローイングが10点前後なのだが、そのテーマに合うそれまでの銅版画作品も展示されている。

僕はこの作家の緻密で深淵なイメージの銅版画のファンで関連の書籍も3冊ほど持っている。 特にこの「シェイクスピア幻想 〈道化たちの夢物語〉」の挿画はすばらしい。

2016121104


展示の銅版画は「点描エッチング・アクアチント・ルーレット、、」などと技法も明記してあったので、マニアとしては制作過程や時間を想像しながら観て、それほど大画面でもないのに、ひとつひとつの作品の技術はもちろん、熱量に圧倒された。

なかなか作品を直接観る機会がなかった作家、銀座まで行った甲斐があった。

ちなみに、東逸子さんご本人にはまだ一度もお会いしたことがないのだが。

                        
2016121103


これは10年近く前にたまたま本屋で見つけて買った絵本「月光公園」。

展覧会は明後日、12月13日(火)まで。

2016年12月 4日 (日)

「 水野るり子の詩 皿の底の暗がり 」

書籍の紹介です。

「 水野るり子の詩 皿の底の暗がり 」

 著者 エドウィン・A・クランストン Edwin A Cranston

  訳者 グレーテルの会

 発行 株式会社 思潮社

 定価 本体2400円+税

この本はアメリカを代表する日本文学研究者の著者が、詩人の水野るり子さんの作品について書いた英文のエッセイ(2008年に出版)を和訳したものです。

、、、で、何故僕が詩歌関係の本を紹介しているか、といいますと。。

2016120301


実は、この本の表紙には僕の銅版画「Dodo」(2014)が使われているのでした。

以前、水野さんが購入してくださった、この小さい版画を詩人本人から「装幀に使いたい」というメールが届いたのが昨年の8月くらい。
「ほんとに僕の絵でいいのかなあ?」と思った(ていうか今でも思ってるが)けどもちろん快諾返信。

結局、当初の予定より1年くらい訳書の出版が遅れたようですが、昨日こうして手元に届いてちょっと感激している。 
「うわっ!、ほんとにドードーが表紙になってる! いいのか?!」 これが第一声である。

2016120303


装幀は思潮社が手掛けてくれたそうです。 
あの数多くの詩集や歌集を世に送り出してきた思潮社が。

そして扉には僕の版画の「車輪」が。 これも詩人所蔵の作品。

2016120302_2


素敵な装幀の本に仕上がっていてうれしい。 ありがとうございます。

内容は著者が自ら英訳した水野さんの詩(和訳ではもちろんオリジナルに戻っている)のひとつひとつの深層世界について語っている。 とても読みやすい本です。

                          ・

数年前の「ユニコーンの夜に」という詩集で、初めて僕の絵を表紙と扉絵に使ってくれた時、水野さんは本の発行日を11月30日にしてくれた。その日が僕の誕生日だと知っていたからだった。 
そしてこの「皿の底の暗がり」の発行日もまた「2016年11月30日」になっていました。

                          ・

とかく詩歌関係の書籍は部数が少なく、大きな書店でもなかなか見つけにくいもの。

ためしにAmazonで「水野るり子」で検索してみたらありました。
「12月14日発売予定 予約受付中」。

興味おありでしたら、ぜひよろしくお願いいたします。 

デザイン・フェスタVol.44 終了

、、、もう一週間経ってしまいましたが。。

11月26、27日にデザイン・フェスタVol.44が終了しました。

2016120307


ブースにお立ち寄りくださった皆様、さらに作品をお買い上げくださった方々、

 ありがとうございました!

ま、今回は売上的には非常に不甲斐ないことになってしまったのだけれど、、、
  、、、次行こう!次!

2016120306


カメレオンとか、トカゲの骨格とか、、勝手に「透明標本」に対抗意識メラメラと燃やして作ってます。 向こうは俺のことなんか知らんだろうが。

2016120308


、、、まだまだだな。。

さて、今年最後の出展はこちら。

2016120401


12月9日(金)~12月25日(日)

第11回 Art Galler 山手  2016 クリスマス展 

お時間ありましたらどうぞよろしく。   

  期間が長めなので、途中何度か追加納品する予定です。

 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ