« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月15日 (日)

年賀状

2017年。 今年の年賀状を先日やっと投函した、、、ていうかもう「寒中見舞い」なのだが。

ええ、毎年毎年こんな遅れてすみません。すみません。 
 と言ってみるものの、あまり気にもしていないのですが、、、

僕の場合、切手をわざわざ¥52+3の「お年玉くじ付き切手」を使ったりしているのだが、
その抽選日の1月15日までに出せばいいや、などという手前勝手な「俺ルール」があったりする。 「なんだよ、それ」と言われそうですが。。

でも、僕の年賀状でこの「くじ付き切手」の存在を知った人もけっこう多いらしいのですよ。
ハガキより発行枚数がずっと少ないので郵便局によっては11月中に売り切れてしまったりしますが。

2017011501

先に届いた友達からの年賀状に「今年はどんな酉の版画になるのか楽しみです」なんて書いてあると、なんか手抜きしちゃ不義理になるみたいなんですが。

、、、できました!

宛名面には「闘鶏」(一度見てみたいものです)の小品(の一部)を。

2017011204


こちらが裏面。 なぜか「月と鶏」。

2017011402



この版画の前に昨年の秋の「月の展覧会」用にに「オオカミ」の版画を刷ったんだけど、その作品で2版使ったうちの1枚目の版を「ニワトリ」の版画にもそのまま使った。

2017011207


    1枚目を刷ったところ。

2017011206

ここですぐに2版目を刷らないで、一度パネルに水張りして数日間乾燥させる。
で、裏面からハケで水分を与えて、まる1日おいてから2枚目の版をする。

なんでそんな面倒くさいことをするのかというと、続けてすると細かい線が滲んだようになってちょっと弱いからです。

2017011403_2


「ニワトリ」だとやっぱり「月」じゃなくて「朝日」かなあ、とも思ったが、まあそのへんはどうでもよろしい。

                          ・

ところでこういった銅版画の技法、また材料的なことは、この本に多くを教わった。

  「銅版画のテクニック」 深澤幸雄 著

2017011405

銅版画家の深澤幸雄さんが、その長い制作活動のなかで習得し、また自ら編み出した技法や、材料、道具についての知識を惜しげもなく記した本。

僕は版画を学校などで教わったことがないので、この本はある意味バイブルでもある。

ニワトリの版画を描画している最中の今月5日、その深澤幸雄さんの死亡記事が朝刊に載っていた。 

2017011404


92歳。 老衰。 大変な時代を生き抜いて制作を続けてこられて、大往生だと思う。

僕はただの一度も面識がなかったけれども、、心よりご冥福をお祈りいたします。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ