« 灼熱 | トップページ |  エヴォリューション »

2017年3月11日 (土)

 「男と女」 と 「ランデブー」

映画 「 男と女 製作50周年記念 デジタルリマスター版 」

      & 同時上映  「 ランデブー デジタルリマスター版 」

2016年12月11日 川崎アートセンターアルテリオ映像館にて

       www.otokotoonna2016.com

2016121503

「男と女」というフランス映画を観たことがない人でも、あの主題歌の ♪ダ~バ~ダ、ダバダバダ~、ダバダバダ~♪ のメロディはなんでか耳に残ってるという人は多いのではないだろうか。 僕もそうでした。

2016121502_2

ストーリーは同じ寄宿舎に娘と息子を預けている、それぞれ妻と夫を亡くした男女が知りあい惹かれあうという、ま、どうということないものなのだが、、この作品は主演女優の美しさと、流麗なカメラワーク、モノクロとカラーの大胆な構成、それからやっぱり音楽。

これであの甘美な♪ダ~バ~ダ、ダバダバダ♪のメロディー、イコール「大人の恋愛」というイメージで定着した感じだ。。 あ~俺も♪ダバダ♪してえー、、、って何を言ってるんだ。

余談ながらTBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」のコーナー「ゲストでダバダ」もこの曲からだ、たぶん。

                           ・

この「男と女 デジタル・リマスター版」ではクロード・ルルーシュ監督がその10年後の1976年に撮った短編「ランデブー」が日本初公開で同時上映された。

1台のクルマが夜明けのパリのど真ん中(凱旋門→コンコルド広場→オペラ座→モンマルトル墓地→サクレ・クール寺院)をアクセル全開でひたすら走り抜ける車内目線のワンカット映像、その間8分48秒!

2016121504

この「ランデブー」の映像の迫力がとにかく凄い!
路面やハンドルの振動までも伝わってくるような迫力に、思わず足が突っ張ってしまう。

「男と女 デジタル・リマスター版」のDVDを特典映像「ランデブー」で発売してほしい。

、、、とここまで書いたところでAmazonでちょっとしらべたら、5月2日にそのとおりの仕様でブルーレイ&DVDが発売予定らしい。

スクリーンで観た時の迫力は味わえないにしても、「ランデブー」の8分48秒のために、
俺買っちゃおうかなあ。

« 灼熱 | トップページ |  エヴォリューション »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/64943278

この記事へのトラックバック一覧です:  「男と女」 と 「ランデブー」:

« 灼熱 | トップページ |  エヴォリューション »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ