«  エゴン・シーレ 死と乙女  | トップページ | BLUE IN THE FACE »

2017年4月 9日 (日)

 Smoke デジタルリマスター版

映画 「 Smoke デジタルリマスター版 」  1995年日米合作映画

監督:ウェイン・ワン  脚本:ポール・オースター

2017年2月25日 新百合ヶ丘 アルテリオ映像館にて

2017040911

                 www.smoke-movie.com


不朽の名作「スモーク」ですよ。 公開されたのは1995年。
かれこれ22年くらい前の作品なのです。 
僕はたぶん、翌年の96年に今は無きミニシアター「関内アカデミー」で観ました。

それからビデオテープやDVDで繰り返し観て、台詞は字幕を読まなくても、ほとんど覚えているほどだ。

そして、この度の「デジタル・リマスター版」! すばらしい!

2017040912


↑ 左が今回の「デジタル・リマスター版」のパンフレット。
右が1995年の最初の公開時のパンフレット。恵比寿ガーデンシネマの「1周年記念上映作品」だった。

1990年 ニューヨーク・ブルックリン。
14年間、同じ時間同じ場所で1日も休まず写真を撮り続けるタバコ屋の店主、オーギー・レン(ハーヴェイ・カイテル)。
最愛の妻を銀行強盗の巻き添えで亡くしてから書けなくなった作家、ポール・ベンジャミン(ウィリアム・ハート)。
自分と母を捨てた父親を探す家出少年、ラシード。

この3人を軸に物語が展開されていきます。

見どころはいくつもあるんだけど、オーギーがポールに14年間撮り続けた街角の写真を見せるシーンがとくに好きだ。

 朝の8時、7番街と3丁目の角、 毎朝同じ時間、同じ場所でオーギーは写真を撮る。

「 俺の街角だ  世界の小さな片隅にすぎんが毎日いろいろなことが起きる

俺の街角の記録だ  同じようで一枚一枚全部違う 

よく晴れた朝 曇った朝 夏の日差し 秋の日差し  ウィークデー 週末

厚いコートの季節 Tシャツと短パンの季節  同じ顔 違った顔

新しい顔が常連になり 古い顔が消えていく

地球は太陽を廻り 太陽光線は毎日違う角度で射す  」

、、、、この詩のようなオーギーの台詞、大好きだ。

そしてポールは写真の1枚に亡くした自分の妻を見つける、、、

「 これを見ろ 見ろよ エレンだ 」

「 そうだ 出勤の途中だ 他にも数枚ある 」

、、そこでポールは肩を震わせ泣き崩れる、、

何度観ても、泣きそうになる名場面だ。

それよりも、「14年間、同じ街角、同じ時間の定点観測」という設定にやたら惹かれた。
どんなに単純なことの繰り返しでも、積み重ねればアートになるんだなあ、とか。

映画のラスト。 オーギーがポールに語る「クリスマスストーリー」。
最初はハーヴェイ・カイテルの見事な語りだけでストーリーを完結させて、さらにトム・ウェイツのひしゃげた歌声の「Inocent when you dream」をバックに、オーギーが語ったストーリーがモノクローム映像で流れるエンディングはいつまでも忘れられない。
たぶん、いままでに観た映画のなかでも,もっとも心に残るエンディングだ。

2時間足らずの上映時間に幾人もの人生を織り交ぜ、無駄なシーンも台詞も一切なく、絶妙に構築された傑作、「Smoke」。

 

«  エゴン・シーレ 死と乙女  | トップページ | BLUE IN THE FACE »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/65127861

この記事へのトラックバック一覧です:  Smoke デジタルリマスター版:

«  エゴン・シーレ 死と乙女  | トップページ | BLUE IN THE FACE »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ