« バベルの塔 | トップページ |  ベルリン・天使の詩 »

2017年8月14日 (月)

 ひなぎく

映画 「 ひなぎく 」  1966年/チェコスロバキア/75分

監督 : ヴェラ・ヒティロヴァー (1929~2014)

2017081502

しばらく前ですが5月6日にTAMA映画フォーラムの特別上映会で観てきました。

いまでは入手困難なカルト雑誌「夜想」の35号「チェコの魔術的芸術」でこの作品の存在は10年くらい前から知っていたのだが、なかなか観る機会がなかった。

2017081501
たまたま新百合ヶ丘のアルテリオ映像館でこのチラシをみかけなかったら未だに観ていないだろうな。

2017070905


ファッション関係の有名人がこぞってこの作品を絶賛して「60年代チェコ・ヌーヴェルヴァーグの傑作」「ガールズ・ムービーの決定版」、、お洒落な女の子映画だと思ってしまいそうだけど、けっこうとんでもない映画でした。
これを観に来た着飾った女の子たちは、わけわかんない展開に茫然としてしまったのではないだろうか。 だって僕がそうだから。

姉妹と偽る「マリエ1」と「マリエ2」の2人のバカ女が男を騙して、嘘泣きしてとんずらしたり、好き勝手でハチャメチャな行動を1時間以上繰り返してるバカ映画だよ。

観ているうちに画面全体をハサミで切り刻んでこま切れになったり、モノクロから唐突にどぎついカラーリングになったり、実験的な効果音とかありとあらゆる映画手法を使うこの映画が50年前のチェコスロバキアで制作されたということに、後から衝撃をうけてしまった。

実際この女性監督は当時の政府に睨まれて、数年間活動停止だった。

とても「ガーリーでカワイイ映画」ではないだろ、と。
爆撃のシーンとかたぶん、皮肉や反体制の隠れた意味があるんだろうから、もう一度みたら僕の印象も変わるかもしれない。
なかなかその機会がないけれども。。




« バベルの塔 | トップページ |  ベルリン・天使の詩 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/65662480

この記事へのトラックバック一覧です:  ひなぎく:

« バベルの塔 | トップページ |  ベルリン・天使の詩 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ