« BLUE IN THE FACE | トップページ |  ひなぎく »

2017年8月14日 (月)

バベルの塔

40年ほど前だが「バビル2世」というテレビアニメがありまして、漫画家・横山光輝の原作で
ストーリーや主人公の顔も今となってはうろ覚えなのだが、なぜか主題歌の歌詞は憶えていて、ていうか今でも口ずさめるほどだ。 アニソンってやっぱりすげえなあ、と思う。
で、悪の帝王「ヨミ」と戦う超能力少年バビル2世の拠点が「バベルの塔」なんであります。

5000年前に地球に不時着した宇宙人「バビル」によって建設され、超高性能コンピューターで管理され、人口砂嵐を起こしてその場所を人類に知られていない「バベルの塔」!
、、、それが僕にとっての「バベルの塔」の最初のイメージだ。

なのでずーっと後になって、ブリューゲルやその他の西洋絵画で「バベルの塔」があるのを知ってほんとうに驚いた。 「バベルの塔は実在していたのか!?」と、、、違うって。

                           ・

そして、「バベルの塔」展! 

2017050501

僕は5月に観に行きました。上野の東京都美術館での展示は7月2日で終わってしまったけど、そのあと7月18日~10月15日まで大阪の国立国際美術館で開催中だ。 その後の巡回はないようなので日本で観るなら大阪がラストチャンスだな。

ブリューゲルの「バベルの塔」。 生涯3点描いた内、現存しているのは2点。今回来日しているのはオランダの「ロッテルダムの塔」。 もうひとつの「ウィーンの塔」よりサイズはちいさいが隅々まで完成度は高いです。

たぶんブリューゲルの油彩作品の実物を観るのは今回が初めてだ。

これはすごい。 絵のサイズは599×746mmと意外と小さいが、塔と風景の巨大なスケール感と恐ろしく緻密な描写。蟻のように蠢く人間たち。 

旧約聖書のとおりなら、神の怒りに触れて壊されてしまうことを暗示するかのような、なんだか不穏な雲がたちこめつつある。

この「バベルの塔」を日本で観られることは、おそらくないだろうから東京展が終わるまえにもう一回くらい観にいけばよかったかな~とか、ちょっと後悔してます。

                           ・

追記: 「バベルの塔」展には「奇想の画家」ヒエロニムス・ボス(ボッスと表記されてる場合もあり)の油彩作品2点「放浪者」と「聖クリストフォロス」が初来日してます。
展覧会ではこの3点だけをじっくり時間をかけて観た。 それだけで充分満足でした。

                           ・

2017081404


展覧会限定グッズ。 「バベルの塔のスノードーム」。
これは何かとお世話なっている詩人の友人にプレゼントした。
彼はスノードームのコレクターだと知っていたので。 僕よりさきに「バベルの塔」に行ってなかったようでホッとした。

                           ・

ブリューゲル研究家として有名な森洋子氏の新刊「ブリューゲルの世界」が出版された。
が、僕の好きな「イカロスの墜落」は未収録。 ご本人の解説によると、この作品はブリューゲルの真作ではないというのが、最新の研究によって判明したそうで、多くの「イカロスファン」を落胆したという、、、 僕もがっかりです。。

« BLUE IN THE FACE | トップページ |  ひなぎく »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/65662479

この記事へのトラックバック一覧です: バベルの塔:

« BLUE IN THE FACE | トップページ |  ひなぎく »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ