«  WILD | トップページ |  デッドマン »

2017年9月 1日 (金)

「 ニホンオオカミは消えたか? 」

「 ニホンオオカミは消えたか? 」 宗像充 [著]

オオカミに惹かれる人は多い。
ギラギラした野生、媚びない生き方の象徴だったり、美しい姿や面構えだったり。


2017102302_2


「ニホンオオカミは消えたか?」は100年以上前に絶滅したとされる日本固有種のオオカミの正体を追うノンフィクション。
2017年1月初版発行で、ニホンオオカミ関連の書籍ではもっとも新しい本だ。 
著者の宗像充氏は1975年生まれのジャーナリスト、、あ、年下じゃん。。

2017102303


2012年2月にNHKで「見狼記」というドキュメンタリー番組が放送されて、たまたま僕もそれを観た。 各地に伝わるオオカミ信仰や、今もニホンオオカミの存在を信じて探している「オオカミに憑りつかれた人」に取材したりと、面白い内容だった。 
それまでオオカミというと「タイリクオオカミ」だと思っていた僕も、それよりすこし小さいとされる「ニホンオオカミ」に俄然興味をもった。
今にすると「なんであの『見狼記』録画しとかなかったんだろう」と思うけど、いや2012年当時は録画機器もってなかったしなあ。 NHKのオンデマンドのリスト探しても「見狼記」は無かった。

この本「ニホンオオカミは消えたか?」は「見狼記」の内容もふまえて、登場人物にも取材を重さねた渾身のルポタージュ。 面白かった。 
学術的な分類の情報、多くの文献、それに実に多くの人物を訪ねよくぞここまで調査してくださった、と思う。
「ニホンオオカミとないったい何か」を明らかにして、それはほんとうに消えたのか、というまるでミステリー小説を読んでいるような展開と構成。

ニホンオオカミというマイナーな分野ながら、著者やこの本の登場人物たちのエネルギーと狂気にもにた情熱の一冊。

«  WILD | トップページ |  デッドマン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551197/65738605

この記事へのトラックバック一覧です: 「 ニホンオオカミは消えたか? 」:

«  WILD | トップページ |  デッドマン »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ