« 2017年9月 | トップページ

2017年11月

2017年11月23日 (木)

 ギルバート・グレイプ

映画 「 ギルバート・グレイプ 」 1993年 アメリカ映画

監督 : ラッセ・ハルストレム

出演 : ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス

 2017102304

この映画は20年近くまえに、友達に教えてもらって以来、VHSテープ、DVDでたぶん15回くらいは観ている。 スクリーンで観たことはない
パンフレットは初めて観てから、たぶん2,3年後に神保町の古書店でたまたま見つけた。
44ページもあって、巻末にシナリオ採録も載っていて、なかなかの充実度。

ジョニー・デップとレオナルド・ディカプリオの共演作。 たぶんほかにないんじゃなかろうか。

この作品でジョニー・デップは主人公のギルバート・ブレイクを演じている。
舞台はアメリカ、アイオワ州の田舎町「エンドーラ」。 「音楽 のないダンスのような町」とギルバートは言う。
「10歳まで生きられない」と医者に宣告された知的障害のある弟、アーニー(レオナルド・ディカプリオ)は、もうすぐ18歳になる。
父親が17年前に首吊り自殺でこの世を去ってから、母親は自宅のソファで一日中テレビを見ながら食べ続け、脅威的に太ってしまった。
姉のエイミーとともに家族を支えるギルバートはこの町からほとんど出たことがない。

ギルバートは田舎町の地味な暮らしを送る青年で、のちのジョニー・デップの主演作、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウや「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」と同じ人物とは思えない。

華奢な体、長い手足で予測つかない行動のアーニーがすばらしい。 レオナルド・ディカプリオって最初からすごかったんだなあ。 最近作の「レヴェナント 蘇えりし者」でがっつり肉つけた顔と体で、髭ボーボーで、クマに襲われて半殺しの目に遭って、復讐に燃えて土の中から這い出る「ヒュー・グラス」と同じ俳優とはとても思えない。 「レヴェナント」も好きな映画だけれども。

若いころのジュリエット・ルイスが演じる、旅人のベッキーもすばらしい!
この作品で彼女のファンになった。  
、、最近のお姿はこのころとはずいぶん変わったけども。。

                         ・

ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオの最初で最後(?)の共演の大傑作「ギルバート・グレイプ」だが、実をいうと僕はスクリーンで観たことがない。
そんな機会はいつかあるのだろうか、、、
、、、 と思っていたら、それが来年上映されるんですね。

2017102305_4

「午前十時の映画祭 8」で来年2月にデジタル上映される。 
朝10時の上映だけれど、料金一律¥1100はうれしい。

      http://asa10.eiga.com

2017102306


なんと、「ペーパームーン」 、「バクダット・カフェ」もやるんだなあ。 

何度も観てる映画だけれどもね、これは楽しみです。

 

« 2017年9月 | トップページ

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ