作品 (アクセサリー)

2016年7月23日 (土)

赤い靴

 第9回 横浜 山手の坂道と風景展 Part2 7月22日(金)~31日(日)

  Art Gallery 山手  http://art-g-yamate.com

2016072001_4


ここ何年か参加させていただいている、この企画。 昨日から7月31日までです。

アクセサリーなど20数点出品してます。 お近くまでお越しの方はお立ち寄りくださいませ。

                           ・

 「 赤い靴 」

2016072003


♪ 赤い靴 はいてた 女の子  異人さんに つれられて 行っちゃった

 横浜の 埠頭(はとば)から 汽船(ふね)に乗って 異人さんに つれられて 行っちゃった

2016072201

ノンフィクション作家の沢木耕太郎さんは、幼いころから疑いなく「異人さん」という一節を、
「良い爺さん」と思いこんでいたそうだ。
 
「だから、この歌がどうして哀しげな調べをもっているのか理解できなかった。親切で優しいおじいさんに連れられていくならいいではないか、と。 
『良い爺さん』が『異人さん』だと知ったときにはさすがに驚いた。」とエッセイに書いている。

 横浜 山下公園の「赤い靴の少女像」

2016072102

この童謡にはモデルになった女の子がいたが、じつは異人さんと外国には行っていなかったそうです。 佐野きみ (1902-1911)という、わずか9歳で亡くなった女の子がモデルというのが定説。
満3歳のときに親の事情で、アメリカ人宣教師負夫妻の養女になった。
やがて夫妻が本国に帰国することなったが、その時「きみちゃん」は結核にかかっていて、
アメリカに連れて行くことができずに、東京・麻布の孤児院に預けられる。 
「きみちゃん」の立場にしてみれば2度も親に捨てられたことになるわけで、かわいそうすぎます。 
ただ実の母親は、娘のきみは宣教師と一緒にアメリカに渡ったものと思い込んでいて、東京の孤児院で亡くなったことは知らないままだった。
その話を直接きみの母親から聞かされた野口雨情が1921年に作詞したのが「赤い靴」、
というのが、定説ということになっている。 細かな部分で異論はあるらしいけれども。

                           ・

山下公園の「赤い靴はいてた女の子の像」は純粋に野口雨情の詩をモチーフにしたもので
、そのミニチュア版が横浜駅自由通路のちょうど真ん中あたりにあります。
こちらは小さすぎるせいか、気がつく人はあまりいないかもしれないが。

事実に基づく「きみちゃん像」が孤児院のあった麻布十番にあるそうです。
これは見たことないが、冬になると誰かがマフラーや帽子をかけてくれるというのが微笑ましいです。 





2015年5月24日 (日)

新作・UVレジンのペンダント

2015052010


こちらは、先日のデザインフェスタの直前になって初めて作ったUVレジンを使ったペンダント・トップであります。
これは液体を型に注いで、UVライトを照射すると硬化するアクリル樹脂です。

ガラスに挟む場合は薄い銅板や紙くらいしか、中に挟むことはできないのだけれど、
レジンだと、それ以外に歯車、ワッシャー、釘や螺子の頭、ガラス片なんかも入れられるので
また似ているけど違ったものが出来ればいいのですが。

枠が無いと、白い壁にかけたときに少々弱いので、展示方法はどうしたものか。

やっぱり、ず~っとおんなじものを作ってると飽きてきますからね。
きっと見てくれる人はもっと飽きてるんじゃないだろうか。 変わり映えしねえなあ、と。

次に出展するイベント(デザフェスかほかのイベントになるかわからんが)にはガラスとアクリル樹脂と半々くらいにしたい、と思ってます。

2015052009



2015052008


2015052011

2015052006



2015年5月10日 (日)

 紙の月

「紙の月」といっても映画の話ではないです。

ちなみに原田知世主演のNHKドラマは観たけど、宮沢りえ主演の映画は見逃した。

今日の紙の月はこれ。

2015050908


昨年から銅板だけじゃなくて、和紙の切り絵を組み合わせてみようと思っていろんな紙を試してみたんだけど、1mm以下の細い線になると、シャープに形が残らなかったり、繊維が邪魔になったりでほとんどボツ。
結局、いちばんいいのは厚さが一定で、きめの細かい版画用の雁皮紙(がんぴし)だった。
ていうかこれは前から、部屋にある毎回刷りに使っている紙なんだが。

2015050907


 「満月」 、、、って生成りの雁皮を丸く切っただけじゃん。

2015050906

これも含めた新作の「木」のいくつかは「奇跡の一本松」がモチーフです。

、、、そうは見えないかもしれないが、作者がそのつもりで作ったんだからたぶんそうなんだろう、ということでひとつ。

いろいろ告知が遅れました。

5月16、17の「デザインフェスタVol.41」 出展します!

 E-4 ブースです!

2014年2月11日 (火)

ナツメヒロ搬入

明後日、2月13日から始まる「猫展 二月のネコスキー」の搬入に行ってきた。

その前に「車検」のため愛車を「VWガレージBLUEDROP」に預けて、その前は出かけるギリギリまで今日搬入の作品を仕上げていた。、、、、ふぅ、忙しい1日だった。

2014011701

小田急江の島線「東林間」駅から徒歩4分。 「ハイカラ雑貨店 ナツメヒロ」。

2014011702

  http://natsumehiro.com

展示画像を撮るのを忘れた。

今日は、「猫」のペンダント・トップが30点と、それからちょっと前の「猫」の銅版画を3点ほど入れたくらいです。 
たぶん、残り1週間まで毎週追加納品します。
とりあえず16日くらいに「猫の消しゴムスタンプ」を。

でも、やっぱり「スペシャル感」のあるものもいれないと!
、と思って、今日作ったのがこれ。

 硝子箱 「羽猫 ハネコ」

2014021101

ひさしぶりに作りました。

2014021102

2014年1月 1日 (水)

 月の涙の理由

半年くらい前に、作品を預けている立川の「hinatana」という店からメールがあった。

「お客様からのご質問です。『なぜ、三日月の横顔のモチーフが涙を落としているのか?』
とのことです。 回答、よろしくお待ちしています。」

2013123118

、、、そんなこと言われたってなあ、、 

いつもみたく「月が笑ってると、石鹸屋のマークみたいでやだから」とか答えるのもどうかと思い、ちょっと考えて10分後に返信メールをした。

その正確は文面は削除してしまったので、手元にないが、だいたい以下のような内容です。

2013123117


「月」の涙についての問い合わせですが、月は毎晩、夜空の天空高くから人々の営みを
見続けています。 そして、おひさまが「陽」なら月は「陰」。 
人々の喜びや、楽しみよりも苦しみ、哀しみのほうが視界に入ってきてしまうのです。
それはあたかもオスカー・ワイルドの童話「幸福の王子」のように。 
けれどもちいさな町だけを見下ろす「幸福の王子」にくらべて月が見下ろす悲しみはあまりにも多く、また王子のように自分の身を飾る宝石をツバメに託して、不幸な人々に分け与えることも出来ずに、ただただ大粒の涙を零すことしかできないのだと思います。
勿論、僕の想像です。
本当のところは「月」に訊いてみないとわかりませんが。

、、、というような内容のことを書いて(打って)送ったら、また15分くらいして先方からメールが届いた。

 「素敵な解説をありがとうございます! お客様にお伝えしておきますね!」

、、って。 いやーそう言われましても、そんなまじで受け取らないでくださいよ。
なにしろ、てきとーなんであります。でまかせだ。 ずばり今考えたかぎりなくでっちあげだってば。

、、とは言わなかったが。

、、、という話を先日22日に横浜赤レンガでのイベントでHさんに話した。

2013123116

月、が泣いていることにやや不満を抱いていたらしい彼女は、
「それ今聴いて感動した。 やっぱりこれ買います!」、、!

さらに、「そんなでまかせを短時間に作れるあなたにも感動したわ~」、
、、、、ってそこは感動しなくてもよろしい。

その話をもういちど文章化しろ、というリクエストにお応えして、はい書きました。

数日後には削除するから、保存するならしといてくださいね。
 

2013年11月29日 (金)

「蝙蝠と木と家」 「月と教会と猫」

先日24日に初出展の「中央林間手づくりマルシェ」終了しました。

ブースにお立ち寄りくださった方、作品をお買い上げくださった方、ありがとうございました。

新作の画像。

「コウモリと木と家」 

2013112804

こういう組み合わせのリクエストがあったんですが、余白とシルエットのバランスがいまいとつ
気になるのでもうすこし試してみたい。

「月と教会と猫」

2013112803

これはちょっと気にいってます。 すみっこの「猫」は5mmくらい。

「重層シリーズ」は目を惹くみたいですね。

2013112805

次回の出展は、、

2013112801

2013112802

アートギャラリー山手の「第8回クリスマス展」 12/17(火)~25(水)

横浜赤レンガ倉庫1号館での「第20回 あ~てぃすとマーケット」 12/22(日),23日(月・祝)

、、、、日程が重なってます。

よろしかったら、お散歩がてら、あるいはアートラリーのごとく2会場廻ってみてはいかがでしょう。

2013年7月17日 (水)

 教会と猫

「月と猫と坂の上の教会」。

2013071702

今週末から横浜、山手のギャラリーでの展示のためにつくりました。

 「 第6回 横浜 山手の坂道と風景展 」 PART2 2013/7/20~7/29

  http://www.art-g-yamate.com

実際にこういう教会が山手あたりにあるかどうか、知りませんが。。

前にみた、シルヴェスターとかいう写真家のギリシャの島の猫たちの写真集があたまにあったかもしれないです。

2013071703

こうなると、アクセサリーというより、オブジェだな。

、、、もっとたくさんつくったら「将棋倒し」もできそうだ、、 

2013071704

 よろしく、です。

2013年6月23日 (日)

鳥のいろいろ

京都の「toya」のオーダーで「鳥」というのがありまして、

これまで作ったことのないものも、いろいろ作って選んでもらいました。

2013062301

2013062302

2013062303

2013年5月26日 (日)

月の修理

先日のデザインフェスタ37でお預かりした「月」のペンダント・トップ。

2013052605

もう何年も前のデザフェスでお買い上げのものですが、周囲がはがれてきてしまったということで、直しました。

2013052608

たいへんお待たせいたしました。

高価な材料の作品でもないのに、愛用してくれてうれしいよ、俺は。

こちらは、「猫」のピアス。

2013052606

イヤリングに替えてほしい、ということで探したらありました。

色の合う金具が。

2013052607

こちらもお待たせしてすいません。 あさって着です。

2013年5月13日 (月)

月と猫と坂の上の家

「月と猫と坂の上の家」

7月のグループ展のDM用にいま作った作品です。 画像提出期限はあさってでした、、

2013051302 

4枚の銅板を5枚のガラスに挿んだら厚さは10mmを超えてしまった。

だもんで、しっかり立ちます。

これは、今週末のデザイン・フェスタVol.37に持っていきます。

7月の展示は「坂道」がテーマでもあるので、同じモチーフでぜんぶ違ったものを10~20点くらいは作りたいな、と思ってます。

2013051301

デザフェスのブースは G-353 !!

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ