イベント

2015年12月 2日 (水)

多摩クラフトフェア

11月22日(日) 

「第9回多摩クラフトフェア」を観に行ってきました。

会場は小田急多摩センター駅からすぐの「多摩中央公演」。

新百合ヶ丘から多摩線ですぐなのに、ここに行くのは初めてだ。

、、、これが、「パルテノン多摩」か!

2015112211


「パルテノン」。 たいそうなネーミングだなあ、と思ってたけど、まあ許す。

2015112212

そのパルテノンを登って、振り返ると、、

2015112306

ちなみに17時すぎに同じ場所から撮ったら、こんなだ!

2015112307


会場はあいにくの曇り空ですが盛況で。

2015112304


125のブースが並んでいました。

「クラフトフェア」というだけあって「木工」「陶磁器」「染色・織物」がかなりの割合をしめている。出展するには、抽選ではなくきちんと「審査」があるそうなので、作品のレベルは高い。

台風直撃とかよほどのことがないかぎり、雨天決行でテントや屋根はすべて作家さんが自前で持ってくるのだとか。 それから基本すべてのブースが「ワークショップ」か「制作の実演」をするのが参加条件、と。。
、、、無理です。はい。  「多摩クラ」は観て楽しむもの。

2015112305


いくつかブースを観ていくなかで、道志村で木工をやっているオジサンと気が合った。

「道志はときどき、クルマで走りに行きますよ。信号がないから渋滞しなくていいですね」

彼は音楽の趣味がこうじて楽器も作っている。

2015112205
ドブロ・ギター。かっこいいね。 ちょっと小ぶりだけどイイ音なります。

バケツボディのギター、なんとアンプも繋げられるときた。

2015112206
このあと、僕ちょっと借りて弾かせてもらいました。
調子にのって、ギュイーン、ギュイーンとスライドしてたら近隣のブースから「うるさいです」と苦情が。。 すみません、すみません。

                          ・

福井から来ていた「久保指物店三代目」の風車(かざぐるま)。

2015112213


自然の風に吹かれて、大小さまざまな風車がいっせいに回る様は圧巻だった。
すばらしい。

ひとつだけ買いました。 「ため息用風車」。 七色グラデーション。

2015112201

「ため息をつくと、幸せがひとつ逃げていくって言いますよね。
でも、ため息をついても幸せが帰ってくるようにと、羽根に『福』の字があります」。

すばらしいセールストークにつられて買ってしまった。

書いてていま思いだしたのだが、40年くらい前の「グレープ」というフォークデュオに「ほおずき」という歌がありまして、その歌詞にこんな一節がある。 正確でないかもしれないけど。

♪ ため息で廻したひとつの風車  とまらずにとまらずに廻れと2人祈っていたのに ♪

、、たぶん、この歌のことは風車の作者さんは知らないと思うが。

2014年4月 6日 (日)

ブコウスキー朗読劇

昨日、5日は新宿へ。

2丁目にある「Cafe★Lavanderia」。

このカフェの店舗は以前はクリーニング店だったそうで、「ラヴァンデリア」というのは
たしかスペイン語で「洗濯屋」という意味らしい。

耳で聞いただけだと「Love and~」と聞き間違えてしまいそうだけど、
そんなPopsのタイトルみたいな名前つけるわけないよな、とか。

このカフェを運営するサトウユミコさんから、昨日のイベントのお誘いメールをもらっていた。
全然暇ではないので当日までどうしよーかな~と思っていたが、出演者を調べたらちょっと面白そうだったので行ってきた。

 チャールズ・ブロウスキー没後20年

 井上弘久ソロライブ  朗読演劇 「町でいちばんの美女」

http://bukowski20th.com/

2014040605

、、、すげーフライヤーだな www

俳優の井上弘久がチャールズ・ブコウスキーの短編「町でいちばんの美女」を「朗読」というより、丸暗記して全身を使って、地の文も会話もすべてをセリフとして表現してしまう
一人芝居。 
ブコウスキーの「毒」も「狂気」もすべて。

この日はジャズ・トランペット奏者の金子雄生さんが即興演奏で参加。

間近で観たそれの熱量に圧倒されました。

新宿2丁目という場所は「美女の狂気」を演じるにはいいロケーションだったかもね。

フリーの編集者でもあるサトウさんにはいまだ謎の多い人だけど、長い付き合いで
彼女のアドバイスがなければ、アクセサリー類はたぶん作ってないかもしんない。

そんなわけで、出かける直前に作って持っていった。

2014040604

ところで、この朗読演劇のフライヤー(チラシ)。

縦長で3つ折りに畳むとA4サイズになる。

かっこいいので、余計にもらってきてしまった。

 「ばかやろう、静かにしねえと ぶっ殺す」

これは「町でいちばんの美女」の最後の台詞だ。

そのまわりには小さな字で、ほぼ全編がプリントされている。

、、、読むのは疲れるが。

2014040606_2

こんど電車の中でイヤホンの音漏れ、とかケータイとかが迷惑な人の前で、
黙ってこのフライヤーを広げたらどうだろう、とか。

2013年12月 7日 (土)

HOD ROD CUSROM SHOW 2013

こないだの日曜日、12月1日のことですが、、

パシフィコ横浜に行って来ました。

 HOD ROD CUSTOM SHOW 2013

2013120304

アメ車とバイクが中心の「俺なりのカスタム」の自慢大会だな。

、、、今回は前売りチケット入手で失敗した。

3日前の木曜日にコンビニの「ぴあ」で検索して発券しようとしたのだが、なんと前売り券の販売は水曜の18時までだった。
なんだよ、それ。 、、、僕の認識ではイベントの前売りの販売は前日までだ。

しかたなく、会場で当日券を買ったのだが、¥3800もするんだな。
貧乏人はちょっと考えてしまう。
だって、たかだかクルマ観るのに、フェルメールの絵や、興福寺の仏像や、伊藤若冲や歌川国芳の絵を観るよりその倍以上の金額だなんてちょっと納得いかないが。
そんなことを考えるのは、俺だけか。
、、、関係者の方が読んでいたら、すいません、すいません。 けど本音だ。

仲間のK君のカルマン・ギアがレストアの果てにエントリーしていた。

2013120306

そのほか、目についたクルマを。

2013120307

ぱっと見て、「このバスはなんか変だ、ちょっと短い気がする」。

2013120308

 そう、全長を短くしている。 窓ひとつ分くらいか。
 、、、なんの得もありそうにないけど、その筋の通にはさりげなくインパクトありそうだな。
 ハンドル位置を「左」から「右」にコンバートしているのは○。

最近、お世話になった「K-LINE Kustom」が手掛けたクルマも出展されていた。

2013120305

クルマの出品の名義は寒川のアメ車専門店だけど、作業したのはK-LINEです。

ガレージを訪れた際に、作業中のこのクルマを何度か見ている。

店主の勝木さんにまたよろしくと挨拶もして、会場を後にした。

30分ででる予定が結局、1時間以上もかけてしまった、そんな¥3800。

2011年9月19日 (月)

黄金町バザール

おとといの17日、土曜日のことですが、、

仕事が午前で終わったので、黄金町バザールに行ってきた。

 http://www.koganecho.net/

0919_021

おもに京急の黄金町~日ノ出町の大岡川沿いの高架下のスタジオ、周辺のスタジオなどを
会場にして開催されているアート・イベントです。

この川沿いの高架下っていうとひとむかし前はいかがわしい界隈で知られていて
娼婦(おもにロシア系らしい)のおねいさんが「遊んでいかない?」と手招きするようなところだったらしい。
僕はお世話になったことはないですよ。 念のため。
でも衛生面ではかなりハイリスクだと思うな。 なんの話だ?

で、そういった面は一掃されて「アートによるまちの再生」。

0919_002

このような「パスポート」という小冊子を¥500で売ってます。

これがパンフレットになっている。 
一部の会場で「パスポート」がないと入場できないとこもあります。 それから、、

0919_001

巻末のページにスタンプ集めると、なんかいいものもらえるらしいぞ。

で、スタンプ押しつつふらふらとあちこちの会場にお邪魔しました。

こんなものを買った。 「黄金食堂」。 ¥500。

0919_007

これは、このまちのそれぞれのお宅にリサーチした家庭料理のレシピ集ですね。

これをつくったおにいちゃんの話も面白かったのだが。

金、日曜の夜には特製の屋台曳いて会場周辺を徘徊しているらしい。

0919_003

0919_004

0919_005

ほんとはこの日、訪ねたかった木工作家が留守だったのでちょっと残念だったのだが、、
まあ、また来ればいい。

ちょうど、17:00から「第4回ナイトバザール」。

高架下の「かいだん広場」で「商店主の会」による夜店が並ぶ。
「地域の商店によるおもてなしプロジェクト」。 
ちょっとしたパーティーというか親睦会みたいなもんかな。

飲食は只ではないですが¥200~¥300くらい。

なぜか「ちりめんや」も青森名物の汁もの(なまえは忘れた)を出していた。

次回は10月1日(土)らしいです。

イベントは~11月6日まで。 

みなとみらいでも、中華街でも、元町でもないディープなヨコハマを。

追記: この辺は映画やドラマのロケにも使われてますね。

「濱マイク」シリーズとか、最近だと「インスタント沼」とか。

2011年6月26日 (日)

KAWAGUCHI ART FACTORY ・・・川口その1

朝から川口まで行ってきた。

10月に、とあるグループ展にぜひとお誘いを受けていて、
それではと会場を見たいといったのだが、そこはただ今撮影のため貸し出し中。。

8:30~9:00のあいだなら見学できるということになったので、朝から行ってきた。

すいていれば、それほど遠くない。 高速を使わずとも1時間ほどでついてしまうのだった。

川口といえば「キューポラのある街」。

そう、その会場とは元は鋳物工場のスタジオなのでした。

 http://www.art-kouba.com

0626_016

0626_019

0626_014

はたして、この異様な空間でどのような展示ができるのか。

ちょっと面白そうな気もしてきたので、参加させてもらうことにした。

搬入が平日なのだが、KAFの代表の方に伺ったら
21:00まで作業OKだということもある。

詳細はまたいづれ。。

0626_009

0626_013

外観の赤い階段が素敵です。

アメリカの画家、ベン・シャーンの絵のようだ。
 
以前ここを使った作家のリクエストで赤く塗ったそうだけど、
きっとベン・シャーンの絵が頭にあったんじゃないかなあ。

で、僕はいまここにVW持ってきて写真撮っとけばよかったなあ、
なんて思っているんだけど。。。

またの楽しみにしておこう。

 、、、秋は忙しいな、、 その後にデザインフェスタがあります。 、、、

う~ん、眩暈が、、、

付記:僕の書棚にあった1991年、伊勢丹美術館の「ベン・シャーン展」の
カタログをめくってみたけど「赤い階段」は載ってなかった。
解説文のなかに参考作品としてモノクロでちいさく載っている。
そうか、「赤い階段」は来なかったんだ。。。
たぶん、20年前にがっかりしたんだと思う。
ベン・シャーンといえば、それがいちばん鮮烈だから。
たぶん、画集とかには、かならずあります。
ご興味のあるかたは、みてください。 

2011年6月12日 (日)

バックルとマグネット

両国の江戸東京博物館で「五百羅漢」を観た帰りに、飯田橋で降りた。

駅のすぐ近くの「ラムラ」というビルで、毎月第2土曜にアートイベントが開催されている。

友達が毎回出展しているのでちょこっと顔を見にゆく。 元気そうでなにより。

デザフェスで何度か会ったことのある「ひろべかばん」も出展。

  http://hirobe-kaban.ocnk.net/

革のマグネットを買った。 近頃はマグネット・コレクターだな。

0611_005

2つ選んだが薄い革を使ったもののほうが、磁石が強い。 ま、あたりまえだけど。

0611_001

それより、ひろべさんが自分用に作ったバックルがカッコよかった。 これはいい!

残念ながら商品ではなかったのだが、せっかくだから写真を撮らせてもらった。

0611_006

旧い歯車を樹脂で固めて時計は天地を逆に取り付けて、
ちゃんと時間を確認できるようになっている。 すげー。

ひろべさん、ありがとうございました。

そのあと高円寺へ。

「Hな手」の「HOPP MUSEUM」がカフェで展示をしている。

が、新宿を通過したあたりで送ってもらったDMを忘れてきたのに気づく。
もちろん店の名前なんか覚えてない。

でも、高円寺はちょっとだけ知っているので、
駅の近辺でレンタルギャラリーなカフェだったら
ヴィレッジ・ヴァンガードと古着屋の商店街か路地入ったとこだろう、と。

はたして20分ほどふらふらしてたらみつかった。

 カフェ 百音(もね)  http://cafemone.com

ところで、中野駅で見つけた看板。

0611_004_2

すごい。 「円盤投げ」が日本上陸だ。

2010年12月 5日 (日)

YOKOHAMA  HOD ROD Custom 2010

午前中、パシフィコ横浜で開催された「HOD ROD Custom 2010」に行ってきた。

主にアメ車とバイクのイベントなのだが、VWも少し出展している。
入場料が高い。 ¥3500くらいするのだ。 今回は招待券もらったんだけど。

20101205_101205_093706

20101205_101205_10083100

友人のH君のVWオーバルも出展。

20101205_101205_09431700

今日はそれより、クルマのイベントよりも、来週のクリエイターズ・マーケットのための
準備をしなければならない。

9:00に会場に入って、30分で出るつもりだったのだが、結局1時間いてしまった。。

ひとくくりにしてはいけないけど、アメ車好きってマナー悪い奴多いなー。
友達がいるからって列に割りこんだり、
再三アナウンスしてるのに、壁際に椅子置いてくつろいでたり。
邪魔なんだよ、馬鹿! と言えない俺です、、

こんなものを買った。

20101205_101205_132608

鉄板にバイクのチェーンを溶接したトレイ。

「灰皿にも使えて、いいですよ」 なんていうけど、、
「いやいや、こんなに隙間だらけだと、灰皿にはならんでしょー、
 そもそも煙草すわないし。 でもこれください」

と、はたからみたら、ガラクタにしか見えんものを買って、昼すぎには戻ってきました。

2010年10月18日 (月)

アート楽市 其の十

いつの間にかアクセス数が5000を超えていました。
ありがとうございます。
欠かしながらでいいので、今後もひとつ、、

昨日は浅草橋に買出しに行き、そのあと三軒茶屋の「アート楽市」を観にいった。

これは、「三茶de大道芸」のおまけ的なイベントなんだけど
会場の烏山川緑道は静かながらももりあがってます。

先週の「アート縁日」で隣だった「フォーク・ダンス」。

20101017_101017_133711

風がほとんどなかったので廻ってなかったが、、、

その隣のハンドメイド・ボールペンの「ROGMA6」。
 http://www.rogma6.com

20101017_101017_140337

ずっしり重くてカッコイイです。 高くてもひとつ欲しくなってしまう。

僕のVWのステアリング・クロックを作ってくれた「一○奏」も。

20101017_101017_131304

高橋くんの愛車の「みどりちゃん」。 いいじゃないですか。

こんなものを買った。。  空瓶を溶かしてつぶしたお皿です。

20101018_101018_202759

コーラの瓶は先に売れたそうだけど、このラムネの瓶はちゃんとビー玉が入ってる。

今度の出展のディスプレイにも使えそうだな。

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ