VOLKS WAGEN

2015年9月15日 (火)

赤いステアリング・カバー

僕のワーゲンのインテリア。

2015091203


黒いステアリングに黒いカバーを巻いてます。

ただ3年くらい経ったんで、ちょっとイメチェンしようと。。

先日、こんなん入手しました。

2015091202


たぶんドイツ製、ヴィンテージ未使用(デッドストックともいう)のステアリングカバー。
福岡から送ってもらいました。

2015091201


まずは、黒いカバーを外す。 
エボナイト製の細いステアリングもそのままでカッコいいんだけど
、、たまに手が滑るんですよ。

2015091204


で、取り付けてみました!

2015091407


、、赤い。

2015091402


、、、赤いなあ。 赤すぎる。  
、、、もちょっと黒ずんだ「赤」、もしくは色あせた「赤」のほうがいいかな、と。
  3年くらいかけて、経年変化に期待したい。

すこし太くなって、グリップ感はすごくいいです。

ぐるぐる巻くのではなくて、スナップオン。「ボタン留め」というのがカッコだろ。

2015091401

 では。


2014年12月21日 (日)

ドイツのおみやげ

3か月くらい前に画家の上田さんにワーゲン関連のことでメールしたら返信が、
「いまドイツにいます」、、!?

先日、ヤフオクで落札したメーターを持っていった時に、
そのドイツ1周のおみやげをいただきました。 ありがとうございます。

2014121809

これはですね、ポルシェ・ミュージアムで買ってきた本ですな。

「フェルディナンド・ポルシェとフォルクス・ワーゲン」。

2014121810


ポルシェ博士が設計した戦前の初期のプロトタイプから1970年代くらいまでの貴重な写真や図面が多数収められています。
文字はドイツ語と英語が併記されているので、その気になれば読めそうだけど、まあ画像だけでも充分たのしめる。

とくに興味深いのは戦時中の軍用としてのカスタムVW。

これは雪上用。

2014121801


2014121803


2014121807

2014121804



水陸両用。 

2014121802

この正式に世に出る前の、リアウィンドウがスリットになっているビートルはほんとに「虫」みたいにみえるなあ。

2014121806

ひさしぶりに上田さんの1974タイプ1に乗った。

  登場!  これは僕が初めて乗った空冷ワーゲンの個体である。

2014121906

ちょっと前に川口在住の友達が「いまにも壊れそうなビートルが私の前を走っていました
田代さんのはあんなにキレイなのにな~、と思ったわけです」とわざわざ画像まで送ってくれた、、。 このクルマだった。 このクルマこそが25年ちかく前に初めて乗ったビートルの個体だと返信したら驚いてた。 ま、そうだろう。 とりあえず、走行中の画像撮りだったら気を付けてほしいぞ。

2014102501

2014121907

フェンダーがちょっとくらいへこんでも現役バリバリなんであります。











2014年12月 2日 (火)

メーター

25年以上、1台の空冷ビートルに乗っている画家の上田さんが、
「近頃スピードメーターの積算計(距離計)が動かなくなった」と言っていた。

1974年式のメーターはVWショップでもなかなか無いそうだ。

そんな話をした2日後にヤフオクを見たら、当該のメーターが出ているではないか!

さっそく上田氏に連絡して、それほど高くなかったので僕が即決価格で落札した。

出品者と取引連絡して、その2日後にはブツが届いた。 旭川からだった。

2014120103

レンズに小キズはあるけど状態は良さそうだな。

2014120102

ためしにケーブルが挿さるとこをペン先で廻してみたら、距離計のカウンターが動いた。

よしよし。 それからバルブ(電球)もひとつひとつ抜いてチェックした。一応切れてない、と。

2014120104

裏面、接点をキレイにして。 動作に問題なしなら、けっこうお得な買物ですぜ。

ところで、上田さんのビートルはほぼ、どノーマルのままでもう42万km以上走っているのだという。

それがどういう距離か。 たとえば「月」までの距離がおよそ38万kmだ。

すげー、ビートルって月まで走れるのか~!? (違うって)

「月」まで行ったら無事帰還しなくちゃいけませんなー。

、、、俺も「月」を目指すぜ。 、、、なんのこっちゃ。

2014年10月25日 (土)

上田さんのビートル

おとといの木曜日に友達からメールが来た。

「クルマで走ってたら私の前を、今にも壊れそうなビートルが走ってたので、
田代さんのはあんなに手入れされてるのに~、、」

、、という内容で画像つきだったんだけど。。

2014102501

、、!?、、あれ?、、このビートルは見覚えが、、

ああ、そうだ油彩画家の上田耕造さんのビートルだよ。 1974か’75くらいの。 

上田さんは僕がその昔、美大受験の予備校に通ってた時の先生で、今は芸大の同期3人で横浜の絵画教室「アトリエ21」を運営している。

画像の撮られた場所が荒川区で彼の個人アトリエが足立区舎人だから、たぶんそうだ。

なにをかくそう僕が20歳くらいの時に初めて乗ったビートルがこの個体なのだ。

そんなことを返信したら、友達は驚いて、、
「(脳科学者の)茂木さんみたいなパーマの頭の人だったよ」とまたメール。

、、間違いない! 上田氏のビートルだ。

このクルマはオンボロにみえるかもしれないこのビートルは上田さんが免許を取得する前から所有していて、たぶん25年以上ほぼ毎日のように走り続けている。

たぶん走行距離は30万キロを超えているはずだ。

いろいろ逸話があるけれども、空冷ワーゲンの専門誌「street VWs」の編集長が銀座で見かけて、感動のあまり思わず写真を撮って、イベントで「再会」するまで2年間その画像を保存していたそうだ。

では、何がそんなに惹きつけたのかというと「道具としての現役感」とでも言うのだろうか。

ピカピカに磨きこまれたショーカーや、ハイパフォーマンスなレースカーもカッコいいけど、
このクルマには長い年月をほぼ現状維持のまま酷使されて、いまもなおは走り続ける
クルマならではのカッコよさがある。

、、、ええフェンダー凹んでますけど。ボディかさかさですけど。

これこそがワーゲンのほんとうのポテンシャルの高さだと思っている。

ついでに書くと僕が免許取って最初に乗っていた1969年式の黒いバケロクのビートルは
上田氏の紹介で買ったものである。

あるとき電話で「、、5万円でビートル譲りたいって人がいるんだけど、田代君どう?」って。

つまり、上田さんがいなかったら、このビートルに乗らなかったら、僕はいまワーゲンに乗ってないということか、、う~ん。。

やっぱり、あれだな。後生大事にガレージにしまって年に数えるほどしか走らないクルマより、見た目はあれでもバリバリ走り続けるワーゲンのほうがカッコいいな。

、、、120号のキャンバス何枚もルーフキャリアに積んでた時にはびっくりしたけど。

 

        アトリエ21 www.atelier21.in/about/index.html

2014年7月30日 (水)

Street VWs Vol.100

空冷ワーゲンの専門誌 「 Street VWs 」

奇数月26日発売で今号でなんと、100号記念であります。

2014073003

ほぼ空冷エンジンのワーゲンだけ扱って、100号ってすごいなー。

値段は税込¥1533と、僕が最初に買ったときの倍近い価格になってしまっているけど。。

パラパラとめくっていると、5月に僕も参加した大磯のイベントの記事も。

2014073002

、、、あれっ? このページの片隅に、、、

  、、、俺がいた。

2014073001

このスワップミート(ようするにクルマ関連のフリーマーケットみたいな)の欄に、レアなパーツとかに混じって、ここだけ「自分で作ったもん」が掲載されてる。。
なんか可笑しい。

 「木製のスロープは整備の時にジャッキの入らないスラムドオーナー必見のアイテム。
  安心のVWマーク入りです。」

、、っていいのか、おい。 その「VWマーク」は俺が型紙作って塗装したもんなんだが。

フリーハンドでカッター入れたからか、微妙に左右非対称なようにもみえるがたぶん気のせいだろう。

ところでこの「木製スロープ」。 
眼科医のモミキ先生がお買い上げの1セットしか売れなかったんですよ。

まさかそんだけしか売れないとは思わなかったから少々へこんだが。

でも、オイル交換時とか下回りの点検とかの時に自分で使うと、やっぱりイイ!、と思う。

そんなわけで、まだまだあります。 

次のワーゲンイベントで見かけたら声かけてくださーい。

                   ・

                   ・

それはさておき、、

2014072702

2014年5月14日 (水)

フラバグ行ってきました!

もう3日経ちますが、、、

5月11日、大磯ロングビーチ駐車場での「FLASH BUGS MEETING」行ってきました!

僕は4年ぶり2度目の参加ですが、お金(¥5000)払ってクルマ見せるだけ、の「ショーカー・エントリー」より、¥8000払ってもしかしたらそれを回収できて、利益もあるかもしんない販売ブースでのエントリーのほうがいいだろ、ということで今回も「スワップミート」でのエントリー。

そもそも、クルマを他人に評価してもらって、あわよくば「賞」とかもらうということに、あまり関心がないもんで。 アワードがなくても自分のクルマがいちばんイイ!とはいつも思ってますけどね。 みんなそうかもしれないが。

2014051403

僕のブースに参加してくれた職場の同僚が撮った1枚。

じつにいい天気でした。 

なんだか、どなたに会っても「前掛け」を褒められる。 コシエルの「いらっしゃいま」のショート丈・前掛け。 これはふだん自宅での作業中にも使ってるのでだいぶよれよれになってきたけど。 ま、会話のきっかけがあるのは、いいと思います。
それにポケットがでかくて、ノートとか筆記具とか、カッターとかハサミとかの道具とか、いろいろはいるから便利なんだぜ。

2014051406_3

これはブルードロップのブログの画像から。 (転載 の許可は得てます)

助っ人陣が先に帰ったあとの画像だな 。 

よくよく考えたらブースまでクルマで行けるから「ラジオフライヤー」はいらなかった気もするが、赤いクルマに赤い台車が載っている絵は悪くないのでまあいいや、と。

今回、いちばんの主力商品の「スロープ」は1セットしか売れなかった。
残り4セット、つまり8枚を持って帰った。

それはまあ仕方がないけど、それ以外の自分では使わなくなったパーツや衣類、書籍類(主にクルマ関係のコミックですが)がだいたい捌けたんで、まあまあの金額にはなりましたが。 

パティ・スミスの来日記念のパーカー(ライブの時に買ったがサイズ感がしっくりこない)を買った人は彼女を知らなかった。

「、、パンクの女王と呼ばれてます(相手驚く)、でも穏やかな歌も多いですけど。 歌いっぷりもいいけど、この人の顔、が風格があってすごくいい顔なんですよ、、」

2013012503

それから以前使っていた、小径のタコメーターとか、ウィンカーレンズとかステアリングカバーとかも使いたい人が買ってくれてうれしい。

いくつかの商品には現場で手書きのPOPを作った。

、、たとえば手巻きの腕時計、、「一日の始まりに、今日一日分の時計と頭と体のエネルギーのゼンマイを巻こう!! でも巻きすぎると壊れます!」 とか。 売れました。

僕の木製の「ディレクターズ・チェアー」が欲しいという人がいたけれど、それは断った。

これは、いずれ帆布を染めるか、替えるかして、背もたれに自分の名を色抜きして「専用」にヴァージョンにするんだから。

今回の戦利品。

まずは黒Tシャツ。

2014051402

この「横棒」は何かと思ったら、バスのバンパーだった。 こういうシンプルなデザインは、かわいい絵柄よりも僕は好きだ。

生地が厚めで、しっかりしていて着丈がやや長めなのもよい。

それから、同じブースから買った、ちょっとエロい「ナンバー・フレーム」。

2014051405

2014051401

しばらくはこのままでいくよ。

2014年2月26日 (水)

 「空冷四速」ステッカー

愛車の1963VWビートルに乗って丸6年経って、先日3回めの車検を取った。

フロントウィンドウにペタっと貼ったETCのアンテナがどうにもカッコ悪くて「ドイツの国章」の
カッティングステッカーを貼っていた。

2014022505

でも、ほんとはフロントにシール類を貼ってはいけないんですよ。

だから車検の度にはがして、また新しいのを貼る、という作業を2回くりかえしていたのだが、

以前、福井のレザーショップ「空冷四速 クレヨン」からTシャツを送ってもらったときにオマケに付いてきたこのステッカーを。

2014022506

、、、でもほんとは、こんなとこにシール貼っちゃいけないんですよ。 すいません。

2013年12月31日 (火)

忘年会

29日は横浜のワーゲン専門店「BLUE DROP」の忘年会でした。

青葉台の居酒屋にて。

手頃はなお値段のコースだったけど、僕らが常連だからかどうか、
内容はかなりのクオリティ!!

その数日前に別の忘年会が某大手チェーン店であったけど、それよりもゴージャス!

だって「アンキモ」がタワーになってるなんて初めてみたよ、俺は!

2013123113

それから、 「大間のマグロ」とか!

2013123114

にぎりはウニがはみ出さんばかりだし、、

2013123115

、、、、

2013123110

、、ま、おっさんばっかりだな。 ぜんぜん色気ないな。

30代はひとりだけで、あと全員40代。

今年もみなさんお世話になりました。 ありがとうございました。 

来年も事故なく、安全運転で、すっとばそうぜっ!

おまけ

僕の63年式VWがBLUEDROPにお世話になって来春で6年になります。

日頃のお世話に感謝をこめて、その日忘年会に出かける直前につくりました。

また消しゴム彫ったよ。

2013123112
、、、あんまりうまくないけど。 気は心だ。

来年もよろしくお願いいたします。

2013123111

2013年11月10日 (日)

RESET !

昨日、運転中に気がついたら距離計が99990mileを超えるところだった。

 99999mile

2013110904

そして、、 「 00000 」!

2013110905

、、一般道だったので一時停止して撮りました。
  走行中や高速道路でこんなことしませんよ。

もちろん僕の運転で、100000mile、つまり160900㎞走ったわけではない。

でもこの5年8か月で5万㎞くらいは走ったかな。

2013110906

50年ほど前のこのクルマがアメリカにいた約37年間も含めていったいどのくらいの距離を移動したのかわからないけれど。

次の「00000」まで無事に走り切りたい。。

2013年10月27日 (日)

 アイアンクロス・ジャッキホースカバー

これはですね、「AAC」というイギリスの空冷VWのパーツメーカーのオリジナル商品ですね。

2013102709

VW純正ジャッキを差し込む「穴」のカバーなんだけどアルミの削りだし、つまり「カタマリ」。

なかなかの造りです。 ちなみに通常の丸いのはアルミの「板」。↓  ペコペコです。

2013102708

しばらく前に入手していたんだけど、取り付けには穴あけ加工が必要なんでそのままになっていたけど、今日ナンバーステーを作ったついでにこれも加工した。

付属のビスはしょぼいので、東急ハンズでステンレスのボルト、ワッシャー、蝶ナットなどを揃えた。

で、取り付けるとこんな感じです。

2013102701

ランニングボードが鈍いのとヘコミがかえって目立ってしまうな。 

これもなんとかしたいところ。

ま、これはアクセサリーパーツなので、あってもなくてもいいのだろうけど、
フタしとかないと、砂利やらごみが入ったりすることがあるので僕はいつも塞いでいます。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ